カテゴリー「日常のあれこれ」の記事

2012年1月 7日 (土)

2012年 ◆七草◆

2012

今日は七草。

今朝は七草粥を頂きました。
これも、ご家庭ごとに「我が家の七草」があるようですね。
そして、地方によっても、伝統的なしきたりに違いがあるようです。

我が家の七草粥は、春の七草の他に、笹掻きごぼう、人参、里芋、そしてお供えのお餅を砕いて入れます。
前の晩に、下湯でして細かくきっておきます。

五臓六腑に染み渡るとはこの事ですね。
歳を重ねるたびに、この呟きに心が込められていくような気がする。
ホント・・・・美味しいconfident
子供の頃は、あんまり好きじゃなかったのですがね。

さて、今日は息子の塾の冬期セミナー最終日で早朝からお出かけ。
車中、行きは二人で春の七草、「セリ   ナズナ、ゴギョウ、 ハコベラ、 ホトケノザ、 スズナ、 スズシロ」の言い合いっこなんぞしながらのドライブでした。

只今帰宅cardash

本日こちらは快晴sun
二人で通う道のりの、目の前に広がる山々の美しさにしばし心奪われ、待ち時間には遠く世知原の連山が織り成すコントラストにひとしきり感動しておりました。

年が明けてまだ数日というのに、一気に春の息吹を感じるのは・・・・たぶん気持ちのせいでしょう。ようやく心にゆとりが出てきた表れですか・・・・。
ほんの数日前の暮れのバタバタは、いったい何だったんだろう。
なんて慌しく過ごしてしまったのでしょうかね。

こうして、気持ち新たに辺りを見渡すと、クリアーな景色が広がっているじゃございませんの。
いろんなものが目に飛び込んできます。心にも留まります。

急ぎすても、焦ってもいけませんねぇ。時間の先走りは、人を盲目にするのですね。逆走も然り。

今のこの「現在」を、もっともっと大切に過ごさなきゃなぁ・・・・・

そう思わせてくれた、迎春の景色に今日は感謝。
...
週末です。 久々ゆっくり出来そうで、殊の外有り難い休日になりそう。


寒気が入り込み、ここ数日冷え込んでおります。新年早々、皆様お風邪など召しませんよう、十分お気をつけ下さいませ。

2011年12月29日 (木)

年の暮れ・・・・

今年も残すところあと2日。

何かと忙しくなってます。

昨日は診療室の大掃除前の大掃除をとりあえず完了。書類の整理も滞りなく、未処理の物がないかの点検も合格。棚卸しもすんなりやり遂げました。治療室で缶詰だったわりには私の存在感はなかったらしく、主人は驚いてました(笑)

「お前、いつやったんだぁ((*_*))?」

フフフ…自分でも黒子のような一日だったなぁ…と思ってましたよ(笑)
平常通り患者様がいらっしゃるじゃございませんの。やる時はやるのですよ〜私\^o^/♪


あとは明日、スタッフのお姉様方が仕上げをして下さるので、私はお正月用のお花を診療室のそこここに生けて終わり。

男性陣にはお飾りをお願いするとして・・・・


そうです。
うちは明日が御用納め。







Photo

ひと休みするごとに、眺めてます⇒

なんの変哲もない画用紙ですが、好きなんだなぁ・・・画用紙。
癒されるんですよねぇ。眺めてるだけで。confident



箸袋とポチ袋を作るのですが、なんせ、時間がない・・・。

早く作りたいよ〜weepやる事やってからでないとねぇ…と、一休み毎に眺め、イジイジしてますbearing


今夜のお楽しみですよ。






玄関のお花は、お気に入りの唐津焼の大きな壷に、投げ入れで豪快に生けました。Photo_2

着々と仕事ははかどってはいるのですが、なんだか時間には追われてますな。

まだまだやることがいっぱいだけど、結構それも楽しみな事ばかり。

お節料理のメニュー決めや、Christmas同様、下絵もかかなきゃね


あっ、こんな事してられない。

今年から、車のタイヤを冬仕様に交換する事にしました。今から行ってまいりま〜す

お正月早々、娘を寮に送り帰さねばなりませんから…。

凍結したから帰れません…ってわけにはいきませんもん(>_<)

休憩終わり〜happy01


ではでは♪

2011年12月27日 (火)

あるがままの私 そしてこれから





今まで言えなかった事、ようやく言葉に出来ましたconfident



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

 暫らくの間、ちょっと不機嫌に過ごしてしまってごめんなさい。
自分らしくもない…と、なんとか抜け出そうとしたけれど、きっとそんな面を見せてる自分が本当の自分なのですね。

無理して隠せた自分は、たぶん他人行儀だった私です。
ようやく自分のわがままを、さらけ出せるようになったのかしれません。
時にはわがままな私です。

ちょっと前までは、いつもそれは押し殺せていました。
押し殺せたはずでした。

ところが、それは小さな心の負担になってました。

心の負担を隠せるうちは、なんとか他人行儀な自分を、取り繕う事も出来ました。

心の負担は、小さな小石。
小さな小さな小石を、心のポケットに少しずつ少しずつ溜め込んでいたのです。

いつの頃からか、その小さな小石の重さを、身体で感じるようになりました。

そして、時折その重みに耐え切れず、苦し紛れに黙り込む、そんな自分がとても嫌で、1日の終わりには反省をし、落ち込むようになりました。とても憂鬱そうな顔の私だったと思います。だぶん、変な顔think


すると、今度は落ち込むくせに、気持ちを切り替えられない自分が哀れに思え、それまで以上に、持ってる小石の重みが圧し掛かってきました。


とうとう重みに耐え切れず、心のポケットを覗いた時、小さな小石が大きな岩石になっている事にきづきました。
しかし、一つ一つはとるにたらない小さな小石だったはずなのです。何故ならば、どんな小石だったかすら覚えていない些細な事。
たいした事ではなかったのです。
たぶん、持っていちゃいけないものだったんですね。



一塊になってしまった岩石はとっても重い。

抱えてもいられない重みをこれ以上抱えている意味など無い
、抱えていてはいけない。
そう思った時、心のたがが外れたような気がします。


長い暮らしの中で、本当の親子に近づいていたのかもしれません。
あるがままの自分を見せれるほどに、いつしか心の距離は近づいていたのですね。
あるがままの私はこんな私です。

いつも、ニコニコばかりはしていられないのです。
話をしたくないほど、何かに追われている時もあります。

ちょっとした言葉のすれ違いで、ムッとしてるときもあります。
でも、すれ違いの中に悪意を感じた事は一度たりともないのです。だから、根に持つこともなかったし、勿論嫌いだと思ったことなどありません。大好きです。


他意はありません。

こんな事、言ってもいいのかもわかりませんでした。

でも、あるがままの私を見せられるようになった自分に気づいた今、これはきちんと、心の内をお話しておかなきゃならないと思いました。

お話しなきゃわかりませんもんね。
通じませんもんね。
なんで黙っているかわかりませんもんね。
怒っていると思われても仕方ありませんもんね。

こんな事、本当は今言いたくないけど・・・

最期の最期、お互い心から「ありがとう」そして、「家族になれてよかった」
そう言えるように暮らしたいです。

私はいつもそう思っています。



これからも、ずっとずっと仲良く暮らしていきたいといつも願っています。
家族ですから、お話ししていかなければなりませんね。
小石を溜め込んで普通でいられないなら、溜め込む資格などありません。
お話しする事って、一番大事。
言葉にしなきゃ、伝わりませんもんね。

いいと思ってしていた事も、間違いだったりするものです。
今、そんな風に思ってます。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+




クリスマスの直前、そして新しい年を迎える前に、私が話したこと、話せたこと・・・・confident


私が、明るく楽しくニコニコしている様子に「以前の貴女に会えた」

そう言われたときに、
思いがけず、言葉が出ました。

「たぶん、そればかりが本当の私ではないのです・・・・・」と。




話し終わったとき、「うんうん」っと、背中を優しく撫でてくれました。

「話してくれてくれてありがとうね。とっても嬉しいわよ」・・・と言ってくれました。



心の小石?

それはねぇ
「言われなくてもわかってますbearing」とかぁ・・・・・・・
「そんな言い方しなくても・・・・bearing」とかぁ。。。。。。

今言わないで下さいよぉ。今しようと思っていたのに・・・言われたらしたくなくなっちゃうじゃないですか〜

・・・・・・・・・・・・・・みたいな事confident

言えずに、ぐっと飲み込んだ些細な些細な言葉の数々

笑っちゃいますねcoldsweats01

実の親子なら、ポ〜ンっと言えちゃう捨て台詞のようなもの(笑)
言えずに心に留めた、とっても些細な一言一言confident

実の母娘なら言い合えます。

「もぉ〜!そんな事、言われなくてもわかってるわよぉpout




でもねぇ〜、実の親子のそれとは違うんだなぁ。






些細な言葉ほど、深く傷つけてしまうことだってある。
ましてや、本当の娘ではない娘の言葉・・・きっと心に残してしまいます。
もしかしたら、忘れられない一言にも・・・。
実の親子で交わされるような、簡単な台詞はこれまでも、これからもきっときっと言えません。


いい人ばかりの他人の中で家族になるって、難しい事もある。


でも、勇気を出してあるがままの私を、こうしてお話しするところまでは出来ました。
そしたらね・・・・なんだか一瞬で楽になっちゃいました。

悪い言葉一つ吐くこともなく、自分のわだかまりを帳消しに出来ました。


これが、自分流なのかも。

もう、いつもの自分になってます。
とっても楽になりました。



家族なんだもの・・・・・話せば解り合える。


前にも増して、自分が明るくなったような気がします。


自分流・・・・ようやく見つけられた気がする。


これからはあるがままの私で、大切にしていこう。

2011年12月24日 (土)

素敵にクリスマスイブを・・・・

Photo



今日はクリスマスイブxmas
しかしながら・・・・

「Chirstmas Party @Homeshinebellheart02

は、我が家のお姫様の
帰省の都合により、明日に・・・・

パーティーメニューは、一応ご覧の通りbirthdayrestaurant・・・・・・・・・・・の予定confident
今朝は朝も早よから、お絵かきしてみました(笑)pencil
 



まだ我が家にもサンタさんがやってきます。

先日息子がポツリと…
「〇〇君がね、今年は僕のとこにはサンタさんは来ないって言うんだ。この前サッカーしてる時ぶつかったのに、謝らなかったからだって。僕、たぶん謝ったんだけどなぁ」


大丈夫、きっと来る!
謝ったのよね?
それなら間違いなく来る!絶対来る。
大丈夫ーーーーgood


とりあえず、根拠の無い自信たっぷりの太鼓判を押しときましたsmile
安心したかな?


なんて可愛い会話でしょうねぇlovely
今、子供達のもっぱらの話題はこれなんだろうなぁconfident

子供がサンタさんの夢物語を語る時の表情・・・・いいですよねぇ~好きだな~heart02

心がポッ(*^.^*)heart01と温かくなります。
一瞬ですが、自分までもが、おとぎの世界を語ってますからね・・・・。


サンタさんへのお手紙も、ちゃっかり読ませて頂いて・・・・wink
これがまたオモロシイのですが、時々プレゼントの変更や、質問・・・・なんてのもあるので、チェックが必要なんですなぁdanger

今までにサンタさんへ届いたはずのお手紙は、私達の宝物shine

一年でも長く、この楽しみを味わっていたいものです。



しかし、息子も小学生3年生。
微妙なお年頃ではあります。
まだ、なんとかサンタさんの存在を信じているお友達の方が多いのかなぁ?

もう、「事実think」知っっちゃってサンタさんが来ない子cryingもいるのでしょうが、少数派なんですよねぇ、きっと。
まだまだ楽しみに沸き立っているみんなの会話を前に、閉口してるのでしょう。



でもねぇ、みんなにきっと来るよ~サンタさんheart01



あっ!因みに・・・・
先日、自分の不注意で車のドアミラーをぶつけてしまった私。
診断結果は丸ごと交換。しかも、今回は保険を使わず実費での交換がいいということで・・・think

今年の私のクリスマスプレゼントはドアミラーです。(泣) ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




ではでは、今夜ばかりは皆様も、一日限りの似非クリスチャンxmasshine
楽しいイブの夜をお過ごしくださいませheart04