カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2012年1月24日 (火)

テレビ

アナログ放送終了で、私達の居住空間から地上TV放送が消えてからどれくらい経つだろう。


もともと私はTVはほとんど観ない人。
だから、なんの支障もないし、スカパー放送は観れるので、必要な情報、世界の情勢はそれで知ればよい事、さして問題はない。あとは新聞で十分。


そして、一応三世代家族共有スペースである一階のリビングには、大画面の地デジ対応大型TVがドカ〜ンと据えられているので、TV放送が観たければ観ることだって可能。
主人とチビ君が、時折長くリビングに居座るのはそんな時。

それよりも私は、近頃少々耳が遠くなったかと思える義父が爆音で観る「時代劇」から逃れたいcoldsweats01

私の長い居場所となるキッチンはリビングと直結している。
したがって、誰よりも長く義父と一緒に、その爆音の中で過ごしているのだもの。
できることなら用事が済み次第、一刻も早くその場を離れたい。

シャキ〜ンannoyシャキ〜ンannoyエ〜イ、この悪代官め〜impact
・・・・・・・・っとパターンはいつも同じなんですもんね。先が読めるんだなぁsmile




「アナログ放送終了まで、あと〇〇日」


こんなカウントダウンの表示が、観ている番組の左端画面下方をさえぎるようになった時、主人は言ったものだ。

「とうとう嫌がらせが始まったなぁ・・・・(;-ω-)ノ」

主人は、買う意欲が湧かない買い物に、娘が帰省してくる貴重な週末を潰したくないらしい。即決出来る物でもないし・・・・既存のTVは、本当はまだまだ使えるもの。考えてみれば勿体無い話し。かなり後ろ向きである。

でも、お陰で私は高尚な時間が過ごせるようになったなぁ・・・・と、実は内心では満足している。
毎朝、主人がスカパー放送で選ぶチャンネルは、「旅チャンネル」。

ある時は世界遺産を巡り、またある時は、心地よいBGMで南の島のリゾート気分を味わう。またまたある時は列車の車窓を楽しんで、2人でボソボソ語り合いながら、世界中を旅している。
なんという贅沢な時間なんでしょうかshine

朝の忙しい時間も、主人との、この世界旅行しながらのコーヒータイムが病みつきになり、以前よりTVの前に座る時間は長くなったかもしれないなぁ。

内戦のイメージが強かったクロアチアという国も、「アドレア海の真珠」と言われるほど、素晴らしく美しい国。赤い石造りの街並みは、宮崎駿監督の「耳を澄ませば」の街の描写のモデルにもなっているらしいという事は、こんな生活が始まり最近知った事confident
棚ぼたでございますnotes

先日も、昼食後のコーヒータイムには、2人で「サイエンスチャンネル」を観ながら、生命や遺伝子、記憶の不思議なんて事を語り合っていたら時間の経つのも忘れてました(笑)

私の不思議発言が発端だったかな?


「自分以外の他人」であれば、相手の記憶の中(たとえ遠い過去になったとしても)で生き続ける事が出来るのに対し、肝心の「自分」は死んでしまえば、自分の過去の思い出の回想すら出来ない、完全に途絶えてしまうというのは理不尽だという私の意見(笑)

言い方変えれば、他人の過去の魂とは共存できるのに、自分自身の死は、もし魂があるとすればやっぱり浮遊するしかない?
ハハハ(笑)わけわかんないですかね。わかりませんよね。
さすがは夫。なんとなく私の意味不明な疑問を受け止めてくれたようでした。


で、主人の発言。
そもそも、60兆個と言われる人間の細胞が、自身の死によって途端に一斉に死滅するものだろうか。細胞の働きにしても、心臓、脳、肺・・・・・・それぞれ機能は別々に働き続けているが、目的は1つ・・・・・「生きるため」
寝ても覚めても、健康な時も病気の時も生まれてからこのかた、一度たりとも休むことなく働き続けている細胞が(もちろん細胞はいつも生まれ変わってはいますが)、自らの死によって、全てが同時に、しかも一斉に働きを止めるものだろうか。


サムシンググレートな話題をお互いあべこべにぶつけ合う可笑しな2人。
本人達はいたって生真面目です。変な夫婦(笑)




そろそろTVもなんとかしなきゃならないとは思いつつ、そんなこんなで、私はこのまんまでもいいなぁ・・・・なん〜て思ったりwink

2012年1月20日 (金)

3年計画、5年計画

只今、3年計画と5年計画を主人に申請中。

5年計画は、娘の後押しもあり、一足先に昨年の秋、申請済みconfident


3年計画については、まだ具体的ではなく、「計画」のそのまた計画の準備段階。

申請に踏み切るにちょっと早かったのですが、塾の送迎の車中で、息子にサラリと話した私の展望を、彼がポロッと主人の前でもらしちゃったので仕方ないcoldsweats01
彼なりに、母親のそんな戯言が嬉しかったのでございましょうね。子供心を無にしちゃ可哀想。口止めしてなかった私が悪かったぁhappy02


これはもう、胸の中に留めておくわけにもいかなくなり、主人と2人で娘を寮へ送り届ける帰り道、ゆっくり私の計画をお話しする機会をもちました。

悪い事ではないのでいいのですが、時期としてはまさかのタイミング。
いきなりの申請です。


想いを伝えたい時、車でドライブ中の「密室」は実に良いですshine
嫌でも、面倒でも、意表をつかれたとしても逃げられませんもんね(笑)
景色が変わって気分がいい上に、言葉を選ぶ間、車窓の変化に見惚れてるふりもできますsuncar



その結果・・・・ですか?
はいconfident、希望的観測と私はみておりますflair



でもね、今、この計画を爆走させる訳には参りません。
私には私の大切な役目があります。
その優先順位から言いますと、まずは子供達と真剣に向き合う事かな。




これからしばらくの間は、息子の受験準備にも徐々に真剣に向き合っていかなければならない。
受験は本人の努力次第で、私がしてあげられることには限りはあるけど、せめて娘の時と同様に、雰囲気作り、積極的な明るい態勢で、精一杯に「その時」を共に過ごしてあげたい。
見通しもたたないこれからの3年間です。
私の夢とその理由、計画の段取り、そしてその想いなど等、本当は手紙にゆっくりしたため、チャンスを見て渡すつもりでした。


こうして幸せに暮らせるのも主人のお陰だと思ってます。
だとすれば、きっときっと主人も、同様の事を思ってくれてるはず。
「安心して仕事に没頭できるのは、あのバカチンのお陰」だと・・・・たぶん(笑)


ですから、お役目だけはしっかりと務めなければと思ってます。
まずは申請だけ・・・・・・ですね。
それで十分。




申請後の、私のルンルン気分は、あらゆる物事を一気に上昇気流に乗せました。
朝の儀式にしてもそうですが、気持ちが上向きになると思考回路も思わぬ方向に枝葉をのばすものでございます。
3年後の夢、5年後の夢とは、まだまだかけ離れたところではありますが、夢の実現に翻弄されない地道な計画で参りたいと思っております。


3年後には息子もこの家を巣立つでしょう。
本格的な始動はその後です。
中長期のささやかな夢を原動力に、まずは息子との毎日を充実したものにしたいです。


娘の子育ては全てが初めて。何事も必死で一生懸命でした。
振り返れば、これまでの息子の育児は娘のそれに比べ、なんたる中途半端なものか・・・。
息子の小学校入学、新生活スタート時は、娘の受験準備と重なってもいましたしね。

遊びの面では、時間が許す限り本気で遊んできたつもり。
接する事の出来る時間は、息子が喜ぶ事楽しい事メインで、それ以外の規律は娘との受験の日々が落ち着いてから・・・・そんな日々でした。

しかし・・・・気がついたら、とってもテキトウ男になっちゃってるではございませんのwobbly


忘れ物キングで、朝はめっぽう弱い。身の回りの整理整頓も超下手ッピ。
いつも筆箱は空っぽで、ランドセルの中は鉛筆、消しゴム、定規コンパスが散乱。

はぁ・・・・・・・・gawk

そんなだらしなさを、最近本人が自覚するようになりました。
「物」⇒ 無くなる、忘れる、探す・・・・そんな自分にちょっとショックも受けている様子(笑)



どうやら、私と息子、基本的なところからやり直す必要がありそうです。


先日こんなのを作ってみました。
2012
机の後の壁のど真ん中に貼ってあげてます。
息子、俄然張り切っておりますよsmile
その変わりようは今度お話しますねぇ。

きちんと向き合ってあげるってことがどれだけ大事だったかが身に沁みる思いで、嬉しくもあり、それまでの息子が可哀想でもあり。


メキメキ変わりつつある息子と、まずは楽しい親子の時間をもっともっと充実させたい。


3年計画、5年計画の主人への申請は、計画こそ、まだまだ先のことではありますが、沢山の副産物をもたらせてくれました。


今はとっても幸せ、充実してますconfident

2012年1月 2日 (月)

◆謹賀新年 2012◆

明けましておめでとうございます。

2011年は、私にとって、とても素晴らしい最高の一年でした。


様々な事がありました。

もちろん、いい事ばかりじゃありません。
しかし、今思いますのは、それら全てをひっくるめ、「最高にいい年だった」

そう、自信を持って言えます。

毎年、このような想いで新年を迎えられることに、心から幸せを感じます。

自分の身の回りで起きた出来事には、何一つ無意味なものなどありません。


いい事悪い事を含め、心に残った一つ一つを啓示として捉え、2012年をより一層素敵な一年に、そして、将来の糧になるよう、大切に心において過ごしたいと思います。


沢山の出会いがありました。願ってもない素敵な再会に思いがけない感動も頂きました。沢山の方にお世話になり、大勢の方に支えられ、他の誰かを、微力ながらも支える事も出来たように思います。


患者様、我が医院の顔として頑張ってくれるスタッフの皆さん、医院を支えて下さる心強い業者の方々、大切な友人、ブログを読んでくださる皆様・・・

こうして、私の暮らしを彩ってくださる全ての方々に心からの感謝を申し上げます。



今年もまた、お節作り、お正月の準備は年を跨いで、夜明けまで・・・。
まだまだ数日続きます。
しかし、これら全て、新しい年を迎えられたこと、そして、素敵な1年を始めるための、私のささやかながらの喜びの儀式です。



改めて、お正月のいろいろをご報告いたします。
取り急ぎ、新年のご挨拶までshine


                           マイア