« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月に作成された記事

2012年2月 9日 (木)

雪あそび

先週の半ば、珍しく積雪がありました。

数日前からの予報で、息子が心待ちにしていた、ドンピシャリの雪snow

早朝の長崎市内の様子は、既に積雪による交通渋滞。
テレビでは・・・・・tv

しかし、こちらは時折窓の外にヒラヒラ~っと舞う粉雪が目に留まるくらいで・・・・

「同じ県内でもこんなに違うのねぇ~」っと、登校前の息子を横目でちらりと伺えばeye
本気でガッカリcatfacedown

そんな朝でした。



積るふうでもない粉雪の中、それでも万が一の時に備え、午前中のうちに用事を済まてしまおうと方々駆けずり回るのは、年に一度あるかないかの過去の経験から。

雪国にお住まいの方が聞いたら、きっと驚きましょう。ほんの数センチの雪で、この辺りの道路は通行止めとなり、一瞬にして陸の孤島となるのですから。


諸々の用事が片付き始めた頃、フロントガラスに当たる粉雪が勢いを増し、遠くに見える山々の景色が、白い雪のドットでいい感じconfident
「まんが日本昔ばなし」を連想させる景色の中のドライブは市原悦子さん、常田富富士男さんのナレーションでも聞えてきそうで心和みますね。ご経験ありません?

家に辿り着く頃、辺りは急変。粉雪が、ぼた雪に変わり・・・・あれれれれ
あっという間に雪景色。
「真夜中の雪じゃなくてよかったね。今頃、学校でお友達と雪遊びしてるよねぇ」と、主人とお話したのがちょうどお昼休み。息子も給食後のお遊びの時間のはずconfident

「ただいまーーーーー\(^o^)/!!!!!」
っと、喜び勇んで帰宅した息子は、私の防寒準備の時間すら待ちきれずsweat01

てっきり、雪だるまを作るものだと、外へ出てみると・・・・・
男の子ですね。作るsnowより戦いですか・・・・・・coldsweats01
確か昨年もそうだった・・・・・(笑)

一時間ぶっ通しの雪合戦でビショビショのヘトヘトsweat02sad
なんせ一対一・・・・うっかりしてると雪玉が飛んできますからねぇ・・・・
せっかくの写真もこれっきり・・・・・トホホ

積雪といっても、ほんの数センチ。1時間も雪合戦をすればこんな感じです。
裏にある芝生の庭の雪はほとんどなくなってしまい、移動式雪合戦も最後はここの和風のお庭で玉砂利付きの戦いとなりました(笑)痛い痛いsmile

2012_2


さすがにこの日は、診療室のほうも患者様のキャンセル続出。

お夕飯の支度にとりかかる頃、早々に診療室の灯りが消えた事は確認していたのですが・・・・なかなか主人が帰宅しない。すぐ目の前なのに。

どうしたのかな?と外へ出てみると・・・・
主人たら、白衣一枚の姿で、庭中ので雪をいくつかの容器に一杯集めてるとこでした。

なんでもね・・・・・息子とお風呂で遊ぶのだそうでspa
面白いこと考え出すものですよね。
私はそんな遊び思いつきもしません。

2012_3

どちらかというと、シュールなタイプの主人、子供を前にすると時々こんな面白い発想で私を感心させてくれますflair
昔こんなことがあったなぁ。

娘が2~3歳の頃だったかな。
わがままを言って、なかなか言う事を聞かない娘に

「そんなにわからないなら、パパ、トイレに流れちゃうから」と言い捨て部屋を出て行ったかと思うと・・・・トイレの水の流れる音。

慌てて見に行く娘の後から私も・・・・一応(笑)

見ると、トイレの便器の前にはパパが着ていた部屋着が脱ぎ捨てられ・・・・
「あぁぁぁぁ。゜゜(´□`。)°゜。パパがトイレに流れちゃったぁぁぁぁ」と娘大泣き。

こっそりみれば、下着姿のパパはドアの影に隠れてるし・・・・

私は笑いを堪えるのに必死だったのを今でもよく覚えてる。


シュールな主人のちょっと違った一面です。
子供想いのこんな人だったとは・・・・独身時代には予想もできなかったけどねconfident

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »