« 2012年 ◆七草◆ | トップページ | 寒〜い日のカニ鍋v(o^-^o)v♪ »

2012年1月11日 (水)

過去との付き合い方

《過去に囚われ過ぎず、未来に夢をみすぎない。現在は点ではなく、永遠に続いてるものだ》

(辻 仁成 「冷静と情熱のあいだ」より)

あまりにタイムリーな言葉で、なんだか嬉しいheart01
とてもいい言葉confident

先日、迎春の景色に目を覚まされてから考えていた、現在、過去、未来。
こんな歌ありましたよね。

この本の主人公、美術と歴史の街フィレンツェで、絵画の修復士という特殊な仕事をしている、一人の日本人男性。
10年前に交わした恋人とのささやかな約束を心に秘め、毎日dangerを過ごしている。(そこが凄い)
現在の彼は、新しい恋人共に幸せな日々を送っているかに思われるが、その「ささやかな約束」の呪縛から逃れる事も出来ず、また消し去る事も出来ないまま、その美しい過去の記憶を背負い、過去と共に生きる切ない愛の奇跡の物語。(簡約し過ぎですが)

切ないなぁ・・・・・そんな生き方もあるのねぇ・・・
と、フィクションの人物像を思い描きながら、しばし、余韻に浸っておりました。
でも私にはあり得ない生き方。


私は過去に囚われ過ぎる事もなければ、未来に夢を見すぎる事もない。
そんな人confident
ロマンチックでも野心家でもなく、どちらかと言えば現実派?
かといって、何かに縛られることなく、現在を上手に生きているかと言えば、そうでもない。

過去や未来というより、直前直後のちっちゃな事に心奪われ、現在を上手に楽しめない不器用さが時折悔しい(笑)
長く持続はしないのだけど。


全く過去に囚われないわけでもない。昨日の事だって過去は過去ですもんね。

喜びの余韻に浸る幸せな時間も含め、多少なりとも過去の記憶に影響をうけ、その時々を過ごしている。記憶を完全に消し去るなんて不可能。過去の失敗や成功、喜びや悲しみ、教訓、後悔、迷いすらも、その後の道標となるわけだし。
そうして、過去の経験は未来へと繋がる。

黙っていても時は流れ、順繰りに「今」が訪れる。

過去との付き合い方もいろいろ。

人生半ばを過ぎた最近、過去に置き去りしていた点と現在の点とが、願ってもないひょんなきっかけで「繋がる」という、なんだかとってもラッキーなチャンスが、度々訪れるようになった。


過去と現在を結ぶ曲線は様々で、太かったり細かったり、或いは点線だったり?
そして大きく弧を描いたその曲線の延長線に、接点はある。

決して囚われていたのではないけど、無意識に温めていたもの。
でもそれは、過去の様々を纏ってはおらず、新たなスタートを確信できる新鮮なもの。

自分にとって、意味のある過去は、やがて新たな形で蘇るって事を実感し、体験しています。

過去が過去じゃなくなった時に、それは誇りにも思えるものですね。
今の私を豊かにしてくれる未来形の過去。
私の人生も捨てたもんじゃないと思える、これまでの軌跡。


本の主人公は、とても切ない過去との共存だったけど、どうやら私は、未来に繋げるべきでない過去や、悲しみや苦しみは、知らぬうちに自然淘汰しているのかな。過去は過去として、置き去りに出来る人かもしれない。消しゴムで消すように、完全に消す事は出来ないけれど。

おっとflair

実はこの本を読み終えたその日、本屋さんで次なる本を、と物色中に、偶然にも作者は違う全く同じ題名の本を発見。
私はすぐブックカバーをつけてしまうので、全然気付きもしませんでしたが、カバーを外してアララララァ・・・・eyeannoy
表紙のデザインも色違いで同じだったんだぁ~happy02(笑)

あとがきを見て納得。
「一緒に本を作ろう」と、お二人、意気投合しての作品なのだそうだ。
赤の物語と、青の物語。
ささやかな約束から10年という長い年月。彼女、彼、それぞれの視点で綴られた二冊で1つの本。
読み終えたその日にもう一方に出合うという、これも不思議。ミラクルですねshine
なんかあるぞsmile(笑)


江國香織さんのあとがきはこのような言葉で締めくくられている。

合わせ鏡のようなこの二冊の本が、読者の「冷静と情熱のあいだ」に届きますように

2012

こんな形の、ペアの出版も面白いですね。
どんなストーリーが詰っているのでしょう。
楽しみlovely

« 2012年 ◆七草◆ | トップページ | 寒〜い日のカニ鍋v(o^-^o)v♪ »

本で目に留まった言葉・心に残る言葉のメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497678/43688833

この記事へのトラックバック一覧です: 過去との付き合い方:

« 2012年 ◆七草◆ | トップページ | 寒〜い日のカニ鍋v(o^-^o)v♪ »