« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月に作成された記事

2012年1月31日 (火)

Not doing But being

今日もFacebookに綴った言葉より・・・・・

大切な友人と、悲しいお別れをしました。
共に過ごした女子高生、女子大生の楽しかった日々がついこの前の事のよう。
遊びもバイトもいつも一緒・・・・ずっとずっと一緒だった。
大人になる一歩手前の友情はとても多感で、泣いたり笑ったり、慰めあったり・・・互いを心から想い合える特別なものでした。

卒業を機に皆別々の道を歩み始め、それぞれの活躍の場、新たな居場所で、しゃかりきに頑張らなきゃいけない時期も、精一杯過ごしてました。

ようやく心のゆとりが出てきたこの頃、FBで20数年ぶりの再会を果した友人達と同様、彼女ともいつかきっと、忙しさにとりまぎれ、日々流されたまま空白にしてしまった期間を、笑い合える日がくると信じてました。

取り返しのつかなくなった今、希薄になっていた年月の長さに驚き、悔いています。



昨夜、ずっと変わらずに、最期の最期まで見守り、見送った唯一無二の彼女の親友が、FBの同窓会ウォールで、私達へ向けて下さった誠心誠意な言葉は大変立派なものでした。

近くで見守り続けたその友人の心中はいかばかりか・・・。
でも、思いの丈綴って下さったその言葉は、様々な思い出とは裏腹に、繋がりが希薄になっていた年月に、くっきり輪郭を描いてくれるものでした。それは私だけではなく、みんなが感じた事ではないでしょうか。

同級生の皆も、それぞれの距離感で彼女との想い出があります。
の言葉により、20数年を経た今、また新たな絆として、皆の心に深く深く刻まれたと・・・私はそう感じています。

みんなが思い思いに返すコメントを読むと、涙が溢れてきます。

希薄になっていた年月ではあったけど、今ここで同級生一同が彼女との「友情・絆」を深め、そしてお見送りができました。


昨日は皆、様々な想いを胸に過ごしましたね。

全部が全部見れたわけではありませんが、私のタイムラインに綴られた皆の言葉に、また涙がまたこぼれてきます。



悲しすぎるけど、美しい友情を、十分すぎるほどに分けて下さった尚ちゃん、ありがとう。


「友情」というものを改めて考えてます。
「友達」とはかけがえのないもの。今、何かできなくても、心のどこかで寄り添えたらいい。


悔いのない人生とは、そんな事も含めてだったのですね。


こんな言葉が頭に浮かびます。

Not doing But being


この気持ち、持ち続けていたい。




以下、私達同級生一同へ向けてくださった友人の言葉です。

Nちゃん、ありがとう。


(Nちゃん、事後報告になりましたが、私のブログに貴女の言葉を引用させていただきました。)



〇高37回生の皆様へ

故 ●●●●(享年45歳) 
昨日、平成24年1月29日午前4時に神に召されました。
闘病生活10年でした。
...



生前からご両親と、万が一の時の事を話し合ってきました。
亡くなった日も、どうするのか、改めて話し合いました。
その結果、最初に決めた通り、親族のみで静かに送ろうという事に決めました。

同窓生の皆様へお知らせする事が出来ず申し訳ありませんでした。
ご遺族に代わりまして、お詫び申し上げます。

1月29日に通夜、30日葬儀ならびに告別式を終え
数年ぶりに無事、自宅へと戻りました。

静かに送りたかったご遺族のお心はお察し下さいませ。

頂いたメール。
そして、ここに書かれた皆様からのメッセージは
てるとご遺族へ伝えさせて頂いております。
沢山のメッセージありがとうございました。

生前、てるの病室に通っていた時には、皆様の事を伝えていました
お正月の新年会の事も、てるには話して伝えてます。
写真もプリントアウトして持って行かせて頂いてました。
Fbでこんな話題がね・・・って、そんな事も伝えています。

お知らせする事が出来なかったので、
皆様の分まで、気持ちを込めて、●●●●を見送らせて頂きました

唯一無二の親友を亡くした心情をお察し頂き、お許しいただけたらと思います。

どう書いてよいのか分かりませんが
皆様への感謝とお詫びと、全ての気持ちを込めて書いたつもりです
それぞれに想い出があるのに、お知らせしなかった事をお許し下さい。
皆様、本当にごめんなさい。

2012年1月28日 (土)

映画

今日はFacebookより…

昨夜は、スカパーのMOVIE Channelで放送されていた「Once upon a time in America」を深夜まで見入って(魅入って)しまったmoon3

先日も観たばかり。しかも体力勝負の映画鑑賞?
よっぽど「今日はもう何もしないぞpunch」の覚悟がなくては観れない映画だ。

途中に休憩タイムが入るのも不思議な構成ですが、それはストーリーの展開に関係あるとかないとか…。三部へ続くまでの、謎解きをする時間という話もあるそうですが・・・ホントのところはわかりませんconfident


禁酒法の時代を背景に、セピア色に煙るニューヨークを舞台に繰り広げられる映画としては、私は最も美しい映画ではないだろうかと思う。

三部構成で展開されるこの映画、最後は実にミステリー的な展開なのだという事に、今回初めて気づくという…(これまでもずいぶん観てきたのになぁ)

音楽も、私が最も愛する映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの作品だったのですね。
知らなかった・・・。「ニューシネマパラダイス」「マレーナ」「海の上のピアニスト」「シチリア!シチリア!」そして「エクソシスト2」なんてのはおなじみですよね。
まさに、曲が背景となり、聴覚というより感覚に直接つたわってくる音楽。曲が映画のシーンの一部になってしまう神業。
今までは、あまりに長編で、エンドロールを味わう余裕は既に尽きていたのでしょうね。

いい映画は何度観てもいい映画。
同じく、その前は「ゴッドファーザーPartⅢ」を観たばかり。
こちらも体力勝負の映画だけど、同じく何度でも観たくなる映画。
PartⅠ、PartⅡも改めて続けて観たい気分。私は個人的にはPartⅡが好き。

ロバート・デニーロもアル・パチーノも、とてもいい俳優ですよね。
大好きです。

来週も夜中は映画三昧になりそうですなぁ・・・・smile

2012年1月25日 (水)

念願の味を再現出来た…かな?

カーネルおじさんのケンチキのお味って、時々恋しくなりますよね。

本家の製法は11種のスパイス、そして圧力鍋でじっくり揚げて・・・・が売りですがねぇ。

圧力鍋で揚げ物って怖くないですか?
私には出来な〜いsweat01

ということで、低めの温度で揚げ煮にしてみました。

出来上がりはこんな感じ

Photo

スパイスは、いろんな方の「お試しレシピ」を拝見してみると様々です。

オレガノ、マジョラム、セージ、パプリカなどはありましたが、常備していないものも数種。
私は数種のスパイスがミックスされた「オールスパイス」を使ってみたら、これで十分なような気もしましたよ。

Photo_2

料理法は一般的な「フライドチキン」の作り方。
骨付き鶏肉が隠れるくらいのヒタヒタの牛乳で卵を溶き、その卵液に1〜2時間漬け込む。

Photo_3
あとは小麦粉、お塩、オールスパイスをミックスした粉をたっぷりつけて、余分な粉をポンポンと払い落とし、あとは揚げるだけ。

割合は小麦粉:お塩:オールスパイス=3カップ:3(大さじ):3(小さじ)ってとこかな?
塩加減はお粉をちょっと舐めてみてお好みがいいかも。


2〜3回分のお粉が出来上がり。(保存しとくといいですね)


粉を払い落とす写真があれば、より美味しそうなのに、ごめんなさい・・・・・撮り忘れcoldsweats01

いつか圧力鍋にも挑戦してみようかなぁ、と思ってます。きっと外側カリッと、中味はもっと柔らかくジューシーになるんでしょうねぇ。

ちょっと勇気がいります。

それはしばらく研究してからという事でconfident

お手軽に作る料理法、お試しあれheart04


2012年1月24日 (火)

テレビ

アナログ放送終了で、私達の居住空間から地上TV放送が消えてからどれくらい経つだろう。


もともと私はTVはほとんど観ない人。
だから、なんの支障もないし、スカパー放送は観れるので、必要な情報、世界の情勢はそれで知ればよい事、さして問題はない。あとは新聞で十分。


そして、一応三世代家族共有スペースである一階のリビングには、大画面の地デジ対応大型TVがドカ〜ンと据えられているので、TV放送が観たければ観ることだって可能。
主人とチビ君が、時折長くリビングに居座るのはそんな時。

それよりも私は、近頃少々耳が遠くなったかと思える義父が爆音で観る「時代劇」から逃れたいcoldsweats01

私の長い居場所となるキッチンはリビングと直結している。
したがって、誰よりも長く義父と一緒に、その爆音の中で過ごしているのだもの。
できることなら用事が済み次第、一刻も早くその場を離れたい。

シャキ〜ンannoyシャキ〜ンannoyエ〜イ、この悪代官め〜impact
・・・・・・・・っとパターンはいつも同じなんですもんね。先が読めるんだなぁsmile




「アナログ放送終了まで、あと〇〇日」


こんなカウントダウンの表示が、観ている番組の左端画面下方をさえぎるようになった時、主人は言ったものだ。

「とうとう嫌がらせが始まったなぁ・・・・(;-ω-)ノ」

主人は、買う意欲が湧かない買い物に、娘が帰省してくる貴重な週末を潰したくないらしい。即決出来る物でもないし・・・・既存のTVは、本当はまだまだ使えるもの。考えてみれば勿体無い話し。かなり後ろ向きである。

でも、お陰で私は高尚な時間が過ごせるようになったなぁ・・・・と、実は内心では満足している。
毎朝、主人がスカパー放送で選ぶチャンネルは、「旅チャンネル」。

ある時は世界遺産を巡り、またある時は、心地よいBGMで南の島のリゾート気分を味わう。またまたある時は列車の車窓を楽しんで、2人でボソボソ語り合いながら、世界中を旅している。
なんという贅沢な時間なんでしょうかshine

朝の忙しい時間も、主人との、この世界旅行しながらのコーヒータイムが病みつきになり、以前よりTVの前に座る時間は長くなったかもしれないなぁ。

内戦のイメージが強かったクロアチアという国も、「アドレア海の真珠」と言われるほど、素晴らしく美しい国。赤い石造りの街並みは、宮崎駿監督の「耳を澄ませば」の街の描写のモデルにもなっているらしいという事は、こんな生活が始まり最近知った事confident
棚ぼたでございますnotes

先日も、昼食後のコーヒータイムには、2人で「サイエンスチャンネル」を観ながら、生命や遺伝子、記憶の不思議なんて事を語り合っていたら時間の経つのも忘れてました(笑)

私の不思議発言が発端だったかな?


「自分以外の他人」であれば、相手の記憶の中(たとえ遠い過去になったとしても)で生き続ける事が出来るのに対し、肝心の「自分」は死んでしまえば、自分の過去の思い出の回想すら出来ない、完全に途絶えてしまうというのは理不尽だという私の意見(笑)

言い方変えれば、他人の過去の魂とは共存できるのに、自分自身の死は、もし魂があるとすればやっぱり浮遊するしかない?
ハハハ(笑)わけわかんないですかね。わかりませんよね。
さすがは夫。なんとなく私の意味不明な疑問を受け止めてくれたようでした。


で、主人の発言。
そもそも、60兆個と言われる人間の細胞が、自身の死によって途端に一斉に死滅するものだろうか。細胞の働きにしても、心臓、脳、肺・・・・・・それぞれ機能は別々に働き続けているが、目的は1つ・・・・・「生きるため」
寝ても覚めても、健康な時も病気の時も生まれてからこのかた、一度たりとも休むことなく働き続けている細胞が(もちろん細胞はいつも生まれ変わってはいますが)、自らの死によって、全てが同時に、しかも一斉に働きを止めるものだろうか。


サムシンググレートな話題をお互いあべこべにぶつけ合う可笑しな2人。
本人達はいたって生真面目です。変な夫婦(笑)




そろそろTVもなんとかしなきゃならないとは思いつつ、そんなこんなで、私はこのまんまでもいいなぁ・・・・なん〜て思ったりwink

2012年1月23日 (月)

思い出のアルバム《娘がお姉ちゃんになった頃》その2

club昨日の続き


この年は娘にとって激動の年。弟が我が家に来て一ヶ月ちょっとしか経たないうちに、今度は幼稚園入園という新たな生活が・・・。

小さな心で受け止めるには、あまりに大きな変化だったかな。
不安定でデリケートだった頃の彼女。
ちょっぴりその心の様子が顔つきにも表れていて、この時期の顔は私は今でも忘れない。

Dscn2110

ママに甘えたいけれど、ママはいつも弟を抱っこ。

「オッパイ上げてるから後でね~」という私の声を背中で聞きながら、立ち去っていく娘の姿を思い出すと、今でも泣きそうになるんだなぁ。
あの頃の娘の元に飛んでって、抱きしめたくなっちゃう。

そんな時、お休みの日にはパパがいつも連れ出してくれていた。
ご近所の海岸へドライブ行ったり・・・・・2人でデートheart02cardash

Img_1318_4

Img_1312

Img_1325_2

めきめき彼女らしさを取り戻し、ようやくいつもの陽気な女の子が我が家に戻ってきました。

Img_1457_2   Dscn2148_2  

息子の海デビュー
ご近所の海岸・・・・・・私、ツッカケ履き(笑)
普段着の私、お洒落などかまってられない時期でしたから・・・・・coldsweats01

Img_1591_2

ようやくお姉ちゃんらしくなりました。

弟が出来、娘がお姉ちゃんになろうと頑張っていたころの思い出アルバム。

おわりheart

2012年1月22日 (日)

思い出のアルバム《娘がお姉ちゃんになった頃》

娘が4年間、パパとママを独占していた一人っ子期間が終わっちゃった日。
もうすぐ息子も9歳になりますから・・・・9年ほど前のお話です。

ある日の夕方、ママがちょっぴりお腹が痛くなり・・・・・
「ちょっと病院へ行ってくるね」とお出かけ。

そして数時間後・・・・・・・・


ママのお腹にいたはずの、赤ちゃんが突然娘の目の前に・・・・・


Img_1201


わかっちゃいたけどぉ・・・・・・・・・
ちょっと当惑気味の娘でした。

どうしていいかわからないけど、触ってはみたい。
でも、触れば「お手々キレイ?」、手や足を握れば「強く動かしちゃ駄目」・・・・周囲も危なっかしくて黙っちゃおれない。。。。

「嬉しい」という気持ちのちょっと手前の、なんだか微妙な空気でしたね・・・・娘は(笑)


で、私と産まれたての「なんだかわけのわからない壊れやすそうな生き物」を病院に残し、パパや、おじいちゃんおばあちゃんに連れられ、一時帰宅するときは・・・・・・


大泣きcrying

Img_1208

そうよねぇ・・・・・
ママのお腹の中にいるときの赤ちゃんは、貴女に無害。
だから、ママのお腹に向かって本を読んでもくれたし、よしよし撫でてもくれた。
ほんとはこの日を楽しみに楽しみに楽しみに楽しみに・・・・・・・・
10ヶ月間過ごしてきたんだよね。

ところが、産まれて来ちゃったら、あらビックリwobbly
いきなり家族のみ〜んなから、「あれしちゃ駄目、これしちゃ駄目」「赤ちゃん壊れる!」で・・・・いきなりママとしばしのお別れまでさせられちゃう。


侵略者の登場だわなぁ(笑)



約一週間の母子入院期間中は、毎朝おばあちゃんとご馳走持って来てくれた。娘を私の病室へ連れてきたら、おばあちゃんはとんぼ返り。
夕方、パパがお迎えに来るまで、三人一緒に過ごしてました。

まぁ、その時も目の離せないことといったら・・・・・。
抱っこする気満々の娘の説得が度々(笑)


楽しい時間をたっぷり一週間。
ようやく、「弟」・・・・自分の「姉弟」ができたという自覚が芽生えたかな?と思いけや・・・・・


数日経過し、息子もちょっとは人間らしくなってきたかな?という退院の日の娘の言葉は…


「えっ?赤ちゃんもお家に連れて行くの?」


当然の事ながら、赤ちゃんは病院に置いていくものと… お家に帰ればこれまでと変わらない暮らしと…

彼女はそう信じていたのですね(笑)

それから、笑いあり涙ありの壮絶な日々が始まりました。

寒い時期でしたからね。
温かいリビングに敷物を広げ、産湯につかわせれば、小さいお手々のお手伝い。
息子の顔にお湯がかかるは・・・・水遊びははじめるは・・・・・・

Dscn2053


しまいにはこんな感じ・・・・・・自分までcoldsweats01

Dscn2056_2 



オネンネした息子をいざベビーベッドに寝かせようとすると、こんな感じ・・・・・


Dscn2135

あ、今日はそろそろ時間となりました。
思い出のアルバムの続きはまた・・・・・

2012年1月21日 (土)

テキトウだった息子の変わりよう その1

チビ君と真剣に向き合ってみようconfident

そんな想いはしっかり彼に伝わってます。
彼に書いた誓いの言葉は、彼の気分を大きく変えているみたい。
でも、結局私自身の決意表明のようなものだったのかもしれません・・・・(笑)


あんまり嬉しくてFacebookに綴った気持ちをそのままコピペで・・・・・。

ある日の出来事flair

(それからずっと実践してますよheart04可愛いヤツ)



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



2012

私のポジティブな気分は、そのまんま子供に伝染するんだなぁ。
元旦に家族で語った今年の豊富、そして最近、早朝の日課にしている笑っちゃうようなおまじない(?)のおかげで、毎日何事にも精力的に励んでおります。
するととうでしょうね。今日は、私の愛息子君は、帰宅するなり宿題を終わらせ、夕食後の後片付けもかってでて全部してくれました。今はお風呂の準備をしてくれてます。母親、或いは父親にしても、子供はその言動や雰囲気を鋭い洞察力で見てるものなんですね。何を言ったわけでもなく、ましてや頑張ろ〜なんて誘った訳でもありません。至って普通に接していたつもりですが、何かしらルンルンな雰囲気って子供を刺激してるのでしょう。子供はいつも純粋な気持ちで親をよ〜く見ているのです。それを忘れてはなりません。改めて考えさせられました。健やかな育成は親の接し方。何か問題を抱えていたとしても、子供の前には負の空気を持ち込んではなりません。無理してでも、明るく楽しく接していれば、抱えている問題を乗り越えるだけの元気や喜び、力を、こんな形で子供がくれるもの。きっと、抱えていた問題なんてちっちゃな事に思えるでしょう。子供の前ではいつも太陽でいてあげる。それは自分自身の元気の素にもなるのです。ありがとう♪

2012年1月20日 (金)

3年計画、5年計画

只今、3年計画と5年計画を主人に申請中。

5年計画は、娘の後押しもあり、一足先に昨年の秋、申請済みconfident


3年計画については、まだ具体的ではなく、「計画」のそのまた計画の準備段階。

申請に踏み切るにちょっと早かったのですが、塾の送迎の車中で、息子にサラリと話した私の展望を、彼がポロッと主人の前でもらしちゃったので仕方ないcoldsweats01
彼なりに、母親のそんな戯言が嬉しかったのでございましょうね。子供心を無にしちゃ可哀想。口止めしてなかった私が悪かったぁhappy02


これはもう、胸の中に留めておくわけにもいかなくなり、主人と2人で娘を寮へ送り届ける帰り道、ゆっくり私の計画をお話しする機会をもちました。

悪い事ではないのでいいのですが、時期としてはまさかのタイミング。
いきなりの申請です。


想いを伝えたい時、車でドライブ中の「密室」は実に良いですshine
嫌でも、面倒でも、意表をつかれたとしても逃げられませんもんね(笑)
景色が変わって気分がいい上に、言葉を選ぶ間、車窓の変化に見惚れてるふりもできますsuncar



その結果・・・・ですか?
はいconfident、希望的観測と私はみておりますflair



でもね、今、この計画を爆走させる訳には参りません。
私には私の大切な役目があります。
その優先順位から言いますと、まずは子供達と真剣に向き合う事かな。




これからしばらくの間は、息子の受験準備にも徐々に真剣に向き合っていかなければならない。
受験は本人の努力次第で、私がしてあげられることには限りはあるけど、せめて娘の時と同様に、雰囲気作り、積極的な明るい態勢で、精一杯に「その時」を共に過ごしてあげたい。
見通しもたたないこれからの3年間です。
私の夢とその理由、計画の段取り、そしてその想いなど等、本当は手紙にゆっくりしたため、チャンスを見て渡すつもりでした。


こうして幸せに暮らせるのも主人のお陰だと思ってます。
だとすれば、きっときっと主人も、同様の事を思ってくれてるはず。
「安心して仕事に没頭できるのは、あのバカチンのお陰」だと・・・・たぶん(笑)


ですから、お役目だけはしっかりと務めなければと思ってます。
まずは申請だけ・・・・・・ですね。
それで十分。




申請後の、私のルンルン気分は、あらゆる物事を一気に上昇気流に乗せました。
朝の儀式にしてもそうですが、気持ちが上向きになると思考回路も思わぬ方向に枝葉をのばすものでございます。
3年後の夢、5年後の夢とは、まだまだかけ離れたところではありますが、夢の実現に翻弄されない地道な計画で参りたいと思っております。


3年後には息子もこの家を巣立つでしょう。
本格的な始動はその後です。
中長期のささやかな夢を原動力に、まずは息子との毎日を充実したものにしたいです。


娘の子育ては全てが初めて。何事も必死で一生懸命でした。
振り返れば、これまでの息子の育児は娘のそれに比べ、なんたる中途半端なものか・・・。
息子の小学校入学、新生活スタート時は、娘の受験準備と重なってもいましたしね。

遊びの面では、時間が許す限り本気で遊んできたつもり。
接する事の出来る時間は、息子が喜ぶ事楽しい事メインで、それ以外の規律は娘との受験の日々が落ち着いてから・・・・そんな日々でした。

しかし・・・・気がついたら、とってもテキトウ男になっちゃってるではございませんのwobbly


忘れ物キングで、朝はめっぽう弱い。身の回りの整理整頓も超下手ッピ。
いつも筆箱は空っぽで、ランドセルの中は鉛筆、消しゴム、定規コンパスが散乱。

はぁ・・・・・・・・gawk

そんなだらしなさを、最近本人が自覚するようになりました。
「物」⇒ 無くなる、忘れる、探す・・・・そんな自分にちょっとショックも受けている様子(笑)



どうやら、私と息子、基本的なところからやり直す必要がありそうです。


先日こんなのを作ってみました。
2012
机の後の壁のど真ん中に貼ってあげてます。
息子、俄然張り切っておりますよsmile
その変わりようは今度お話しますねぇ。

きちんと向き合ってあげるってことがどれだけ大事だったかが身に沁みる思いで、嬉しくもあり、それまでの息子が可哀想でもあり。


メキメキ変わりつつある息子と、まずは楽しい親子の時間をもっともっと充実させたい。


3年計画、5年計画の主人への申請は、計画こそ、まだまだ先のことではありますが、沢山の副産物をもたらせてくれました。


今はとっても幸せ、充実してますconfident

2012年1月19日 (木)

忘れてましたぁ\(;゚∇゚)/(汗)

明日はスタッフかおるちゃんのお誕生日wobbly
すっかり忘れてました。ごめんなさい。


ささやかながらも「いつもありがとうheart02」の気持ちでお贈りする、金一封の「のしぶくろ」を、私は作らねばならないのでした。
慌ててゴソゴソと寝室から起きだしてきてます。
思い出して良かった・・・・・・・(;;;´Д`)

まずは目覚ましのコーヒーなんぞ一杯confidentcafe






デザイン・・・・・pen
季節のお花「白梅」でどうでしょう
絵がテキトウ過ぎるけどこんな感じに。

2012_4

クルクルクル~typhoonっとペーパー巻いて、梅のお花と蕾のパーツもなんとか完成sweat01
(でも電池切れそうbearing眠いです・・・・さすがに)


2012_5

そして、どうにかこうにか「のし袋」も完成。

字を失敗してしまったけど、下手なのかなんなのか判別つかないくらい崩れてもいますから(笑)

2012_6

でも、もう限界です。電池が切れてますwobbly

完成は明日・・・・ではなく、起床後ということで・・・・(´~`)。゜○




外は雨が降り出しているようですrain

おやすみなさいませheart02

続きを読む "忘れてましたぁ\(;゚∇゚)/(汗)" »

2012年1月18日 (水)

今日は息子の授業参観日

今日は息子の授業参観日。
自分達が書いた詩を、それぞれみんなの前で発表してくれるそうだ。

本日、ウチのチビ君が、クラスメイトと保護者の前で読み上げてくれる詩を見て、思わずウケたhappy02

2012

               「お姉ちゃんとケンカannoy 実際にこの「怒りマーク」annoyがついてる

ある日、おねえちゃんとケンカした。
お姉ちゃんが悪口をいった。
ぼくはいかった。
おねえちゃんにとびかかった。
そして強気じゃないけどキック、かかと落とし、パンチ。

(「強気じゃない」とは「本気じゃない」の意味でしょうね。あえて訂正はしませ~ん。)

お姉ちゃんだって負けられない。
キック、かかと落とし、パンチ。

すると、ぼくのズボンに犬のハリーがかみついた。

ぼくはママに言いつけた。

ママはおこっておりてきた。
ドスドスドス・・・・・・・・・・・・

お姉ちゃんはおこられた。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



「どんな詩を読むの?読んで練習してみて~note
・・・・っとなにげに言って、不意を衝かれて大爆笑(笑)


娘が見たら、卒倒しそうな詩だshock
そういう私も、「ドスドスドス・・・・・・」っと全く優雅じゃないぞgawk


チビ君、口ではお姉ちゃんに負けてしまう。
すると、思わず手が出て足が出る・・・・そしてかかと?(すご過ぎるsweat01

口で言い合いしているうちは、気にも留めないハリー君も、取っ組み合いが始まると大喜びdogheart04
遊んでるものと思い込んで、嬉しくってたまらない風にヤツも参戦するので、走り回ったり噛み付いたりの大騒ぎ。特に、ハリー君、チビ君のことは自分の兄弟だと思っているので、そのじゃれ方は凄まじい。

うぉ~、臨場感溢れていい詩じゃないの~upっと、大爆笑しながらなんだか複雑ですね(笑)
これを読むのかい?coldsweats02

以前、娘が小学校低学年の頃に、やはり作文を読み上げるという授業参観。
母の日にちなんで、母を褒めちぎる授業だったようだ。
私を褒めちぎる娘の言葉に、やっぱり恥ずかしい想いをした記憶が・・・・shock

「お母さんはとても偉いなぁっと思います。お母さんの朝ごはんは私達が食べ残したパンの耳です。勿体無いんだよ、パンの耳も美味しいんだよといって毎日パンの耳を食べます」

確かこんな内容だったと思う(泣)


ガガガガ~ン・・・・・・・shock
凍りつきましたsweat02

居合わせた皆様は思われましたでしょうね。

「へぇ~、〇〇ちゃんのお母さん、みんなの食べ残したパンの耳が朝ごはんなんだぁ」


嫌ですね・・・・私を見かけるたびに、パンの耳を想像してるかもしれませんねcrying

子供の口には戸はたてられません。
皆さんもよく気をつけて行動しましょう。


さぁ、今日はお昼から参観日。
ドスドスドスdashと行って参ります

2012年1月17日 (火)

蔵出しアイシャドウと読み聞かせ

今日のテーマが浮かばないsweat01(苦笑)↑↑↑

なんだか共通点の見えないへんてこなテーマだなぁcoldsweats01
いっそのことテーマなんてなくてもいいのですが、それはどうもなんだかね。
「風が吹けば桶屋が儲かる」的に、話が繋がるってわけでもありません。

でも一応は今日の私の出来事。


最近マメにカテゴリー別に記事を分けてるので、どちらか一方をとると、もう一方のテーマが隠れてしまう・・・・そんな事情。

そこのところ、どうぞ四露死苦ですgood(今さらヤンキー風smile




今朝も滞りなく朝の「儀式」済ませましたheart04
ホントflairビックリするほど、お肌絶好調shine
自分のお肌を愛おしむって一番の美容テクニックなんだなぁ、と改めて実感confident

何より嬉しいのは、たったこれだけの事で、ウキウキなれるのですからlovely
簡単なことです。どうせする事ですもん、身支度、心込めないとね。

何気にこの事を主人に話してみたところ、「笑い飛ばされるだろうなぁ」という予想に反し、真面目な返事が返ってきたのにはちょっとびっくり。

それって大事なことなのだそうです。
あるビジネス書には、大事な事として、1日数回自分の顔を鏡で見ながら「いい言葉をかける事」「自分の顔を好きになる事」「いい顔に出会う事」云々が書いてあるそうな。

どの本だったかなぁ~っと、お昼休みからゴソゴソ探し始めてくれていますから、近日中にご紹介できそうです。

幾つになっても、こんな気持ちでハツラツとしていられたらいいですよね。
40代半ば・・・・これからの自己管理、心がけ次第と思いますconfident
頑張って続けよ~っとpunch


今日もすこぶる調子よいスタート。

早朝息子を送り出し、私もルンルン気分のまま読み聞かせにも行って参りました。
今季のテーマの話し合いなど、素敵な読み聞かせの仲間達との時間はいつも有意義です。時の経つのも忘れて、学校の会議室を占領してました。

時計を見て「ヤバ~イ!」と思ったのはお昼近く。
今日はしなきゃいけない事、期限付きの書類作製や提出、仕事関係の雑用諸々の他にも、普段後回しにしがちなことまで、目に留まった時、気がついた時に速やかにこなせる1日でした。これも例の儀式の賜物です。とっても快適shine自分のお陰で(笑)


読み聞かせに選んだ本は、後ほどご紹介するとして・・・・book


ちょっと並べてみました。蔵出しアイシャドウ(笑)

クリスマスシーズンになると、各化粧品メーカーがこぞって限定クリスマスキットを発売します。
各社、とってもカラフルで・・・・若かりし頃の私の心を鷲掴みにしてました。
この他に、リップグロスやルージュ、マスカラ、マニキュア等がセットでお手頃価格ってところもちょっと魅力、気がついたらこんなに沢山。
並べてみて、ちょっと呆れてます。

うわぁ・・・・こうして見ると、すごいですねぇeye
20年選手ってのもありますよ(笑)
一生かかっても使い切れないだろうと確信したのは、確か10年位前の事か・・・・・・

2012
最近ではアイシャドウなんて殆ど買ったことがありません。(そりゃそうだわさthink
買い足すといったら、ホワイト、アイボリー、オークル系くらいでしょうか。
カラフルな色ぞろえですが、ベースにしたい色はちょっと少なめ。小さな2色や4色のコンパクトのアイシャドウは、時折買い足してるぶんです。


「新色が発売されますshine」なんて言葉もあまりピンとこないんだなぁ。
ブラシでランダムにミックスし、瞼にのせるカラーはいつだって新色のようなもの。


もともと凹凸がはっきりしてるので、少々無茶な色をのせても、二重の瞼が包み込んでくれます。だから「まっ、いいかぁ〜」っとテキトウ。
オメメをぱっちりあければ程好く隠れちゃいますから。

あ、凹凸がはっきりしていると言うのは、「彫が深い」と美の象徴として総称されるそれではなく、ただ単に目がくぼんでるだけですcoldsweats01
鼻は高そうで丸いと言われてます。どんな形でしょう、高そうで丸いって?????
一見鼻筋が通ってて高そうかなぁっと期待させつつ・・・・先っぽ丸くてガッカリ?
それは残念だbearing
いったいどんな鼻なんでしょうね。自分じゃわかりません。
実際の私をご存知の方は、ハハ〜ンって感じでございましょうが・・・丸いそうですfullmoon

アイシャドウに、もし消費期限があるとすれば・・・・
私は大変な事をしているのでしょうが、なんだか捨ててしまうのは勿体無い。

近頃、ますます目がくぼんできたように見えるのは、劣化と同時に生成された得体の知れぬ良からぬ物質が、色素沈着を起してる?・・・なんて考えると恐ろしくもなりますが、ま、これも老化現象によるくぼみだろうと思います。
たぶん、使い続けるのでしょうね。

なんとか使い切るため、これからは一層の努力をするならば、私の顔はのように・・・・(@Д@;・・・・それはあり得ませんけどthink



その時の気分で、いろんな色を混ぜ混ぜして瞼にのせるのはとても楽しいものです。
ハッとするくらいに気に入った色に出合うことも。その時はしばらくヘビロテですnote

なんとか頑張って、生きているうちに使い切ってみましょう。(どんだけshock




今日「読み聞かせ」に選んだ本は「おこだでませんように」と「旅するベッド」の2冊。

2012_2

2012_3



「おこだでませんように」は、私の弟分でもある、イケダンパパのおススメ本でした。
彼、病院の待ち時間に読んで、泣いたそうです。
私も早速購入し、その純粋な子供心に泣きました。

なんて言うんでしょうねぇ。たぶん、子育て中に日々感じている事を重ねて読むとホント、泣けてくるんです。
安らかで可愛い、天使の様な寝顔見ながら「いつも怒ってばかりでごめんねsweat02
そんな毎日があるからでしょう。
子供だって、怒られたくて、怒られるような事をしてるわけじゃない。
必ず理由がある。子供と向き合う時、いや、向き合うのではなく、子供と同じ位置、同じ目線、同じ方向を眺めてみることの大切さをつくづく感じる、大人に読んでもらいたい1冊です。
七夕様の短冊に書いた一番の願い事

「おこだでませんように」

子育て中の親御さん、是非一度読んでみてください。
胸がキュンとした後に、温かい気持ちで子供を抱きしめたくなりますから・・・・confident


「旅するベッド」は、ウチの子供達が小さい頃から大好きな絵本の1つ。
お父さんと2人で古物屋で買ったベッドは、お祈りの言葉を唱えると、何処へでも旅ができちゃうという不思議なベッド。

いつも、この本読み終えると、今日は夢でどこに行く?待ち合わせはどこにする?パパはどうする?な~んて、暗がりでゴソゴソヒソヒソと楽しんでました。


さてさて、そろそろ可愛い息子が帰ってきます。
今日は折り紙で遊ぶ約束です。
宿題を終えてからという条件付ですが・・・・・(笑)

2012年1月16日 (月)

大根の葉、じゃこ、大葉、いりごま in 柚子の香りたっぷりの混ぜごはん

今日はお料理メモpencil
とっても美味しかったのでご紹介heart04

先日、息子の塾の帰り道立ち寄った某コンビニで、美味しいおにぎりを発見。

早速再現してみましたが、なかなかでございましたnote
是非、メモのご用意を(なんちってsmileでも、ほんとにおススメ)φ(・ω・ )メモメモ

2012

使うものは、大根の葉、シソの葉、柚子の皮(たっぷり)、ちりめんじゃこ(小さめのもの)、いりゴマ、あとは調味料を適宜(薄口醤油とか、塩)


《作り方》
1. 大根の葉、シソを細かく刻む。(大根の葉の茎の堅い部分は特に薄く小さく)
2. 1.を塩もみしておく。
3. 柚子の皮を準備。私はほぼ半個分たっぷり。これも細かく刻んで。
4. 塩もみした大根の葉とシソの葉を水切りして、ちりめんじゃこ混ぜ合わせる
5. 4.に細かく刻んだ柚子も混ぜる。
6. 材料が全部混ざったところで、塩や薄口醤油でお味を調整。(お好みで)
7. 炊き立てのご飯に、いりゴマと6.を一気に混ぜる。柚子の香りがたまりません

たいした下準備もいらず、簡単。
でも、柚子の香りが、全体の具材にとてもマッチして、とっても美味しい混ぜご飯です。

いりゴマも結構効いてるかな。
自分の舌だけがたよりで、あてにならないレシピですが(笑)
「柚子の香り」「ちりめんじゃこは小さめ」「いりごまたっぷり」「大根の葉とシソ」
このポイントを外さなければ、必ず美味しいご飯に必ずめぐり合えますので大丈夫。
十分ご家庭の味で楽しめます。

お試しあれscissors

「美味しい混ぜご飯」がこの日の強い味方。
少々副菜が少なくても、ご飯をお腹一杯食べてもらえばなんとかなりましょsmile
・・・・ってことで、この日は、冷蔵庫や冷凍庫に残っているお正月の半端な残り物を一掃する日にしました。

いやですもんね・・・・ちょこちょこ残り物が占領し始めるの。
それ1つじゃ、料理にならないってヤツばかり。
なんとかしたいヤツを、とりあえず闇雲に取り出してみるpunch

お相手は、一握りの鶏のミンチ、半分だけの取りの胸肉、5~6センチ残った長芋、クズのレンコン、お供え用のお餅に使った昆布annoy
(なんでこれっぽっち残してるんだろうってやつばかり。なんでだろう私)

頭を使ってなんとかなりました~flairの「今日のおうちごはん」

2012_2

鶏のミンチは、おろし生姜をたっぷりと、もともとクズのレンコンを更にみじん切りにし、他につなぎもたっぷり入れて量を増やし、「鶏ミンチのつくねボール」(勝手に命名)
素揚げした長芋やインゲンと照り焼き風のお味で。(手前)

鶏の胸肉は「ただのチキンフライ」に。(真ん中)

お供えの昆布は、人参や高野豆腐と炊き合わせてみました。(奥)

こんな日は器だけは贅沢に、源右衛門と唐津焼でごまかすshine


混ぜご飯の材料(柚子など)もなんもかんも、ぜん~ぶお正月の残り物や家にある物ばかりですから、按分したら300円程度の食費ですね(笑)

家族5人のお夕食、300円なり~note

素晴らしい~shine(笑)

2012年1月15日 (日)

丁寧な素肌作りで、心もキレイにね☆

センター試験ですねぇ。
いつもこの日が来ると、「この冬一番」という寒さに見舞われのですが・・・・。
う〜んconfidentheart02 今年はお天気に恵まれホント良かったsun
昨日のこちらは、ポカポカ暖かい1日でしたが、2日目の今日もそうだといいですね。
全国的にこうだと、尚、いいですsunsunsun

受験生のみなさん、そして共に見守り続けてきたご家族の皆様は、この日を様々な想いでお迎えのことでしょう。
これまでの力が十分発揮できますように。

ここがゴールじゃないのがいいですね。
未来への、新たなスタートラインを目指すのですからshine
輝かしい未来のあなたが、スタートラインの向こうから「おいでおいで」と手招きしてるのが見えませんか?
最良の人生を誘うのは、未来を生きるあなた。
自分を信じ、全力を尽くして頑張ってpunch

さてさて・・・・私事。
実は私、朝の儀式を行うようになってから、1日がすこぶる調子良いshine

朝の儀式とは、洗顔の後の丁寧丁寧な素肌作り。
しかし、所要時間は5分もかからない。

水気を少し残したままの顔で鏡の前に座り、「キレイにな〜れ、キレイにな〜れ、(限界はあるけど)キレイにな〜れnotes

呪文を唱えながら、水気が素肌に馴染むまで、手のひらで優しくパッティング。
パタパタパタパタ・・・・・notes

その時間、1分ほどclock

その後、朝用ローションをたっぷり手に取り、更にパタパタパタパッティングnotes
「キレイにな〜れ、キレイにな〜れ notes」(笑)

頃合は手の感触がたよりなので、あえてコットンは使わず、手のひらで・・・paper
手のひらに吸着感を感じるまで、おまじないをかけながらパタパタパタパタnotes

2〜3回繰り返すうちに、ギュッとお肌が水分を吸収し、気持いいほどの吸着感が実感できます。

その時間、2分ほどclock

仕上げは、両手のひらでピタ〜ッと顔全体を包み込み、リフトアップを意識しながらゆっくりやさしく押さえる感じ。

その時間、1分ほどclock

温かい手のひらがジュワっと肌の奥まで効果を浸透させてくれます。

ちなみに、夜の入浴後、一見お肌は潤ったかに思われますが、乾燥はこの時、通常の2〜3倍の速さと威力でお肌を襲うらしい。これは友人で形成外科ドクターからのアドバイス。それを聞いてからというもの、入浴時にはあらかじめローションを準備するように。
出たらまずはすぐ、ローションだけでもパタパタと。
前夜、デイリー用の角質ケアのローションでサササッと下準備をしておくと、浸透、吸収の感じも随分違ってくるみたい。朝の儀式に絶大なる満足感が得られます。
意外と真面目に実践する派なんだな。

季節は冬。お肌にとって、一番ダメージを受けやすい時期にもかかわらず、みるみる効果が出て、なんだかとっても調子良いです。

あとは簡単。いつもの美容液→クリームの順にローション同様、手の平で丁寧に押さえ付けながら、潤いをギュギュギュッと閉じ込めます。

塗りたくるのが苦手なのでファンデーションは気持ち程度。目元のポイントメークとチークで完了。
素肌がいきいきしてると、どんなにメイクに時間かけるよりも、自分が大好きな顔になれるような気がする。

顔を洗って、何も考えずにただ鏡の前に向かっていた頃より、一日のスタートがとっても順調。
冗談でも、「おまじないかけながら」が大事。
自分を愛おしむその行為は、その日の過ごし方まで丁寧にしてくれるもんなんですね。
とっても単純な自分に可笑しくもなるのだけど、たったこれだけの事で全然違います。

時間なんてちっとも変わりませんから、是非一度試していただきたい。

みずみずしいお肌に自己満足して、気分までルンルンして・・・・
幸せ〜な気分で、一気に窓を開け放ち、大きく深呼吸、胸一杯に朝の冷たい凛とした空気を吸いむと、雑念に振り回されていない心が一瞬だけ戻るのを感じるんです。

一日が始まると、容赦なく起きる出来事で、気分も慌ただしくなり、感情も交差し、楽しい事もあるけど残念な事もありで…
気がついたら自分の心とは裏腹の、何かに惑わされたり、ちっちゃな事に執着したり、時間だけに流されている自分がいます。
気づいたらいいほうですね。その時は、また、この爽快な気分を思い出しながら大きく深呼吸。

一日は一日。一日一生。
私と私の周りの大切な人、大切な物事に、キレイな心で素直に丁寧に向き合いたいものです。

今日出会う全ての人に感謝。
自然にそんな気持ちも沸いてきます。

私って単純。でも、これが女心なんだな。

昨日もうんと物事が順調に運びました。

男性にはわかるかなぁ〜?わかんね〜だろうなぁ〜note(笑)

問題は、私のおまじないに耳を貸さない足の裏だな(−_−メ)

2012年1月13日 (金)

冬休みのボーナス休暇も終わり!

冬休みのボーナスのような嬉しい休暇が終わり、昨夜、無事娘を寮に送り届けて参りました。

娘と降りる寮周辺の駐車場は、家族のいろんなドラマを見るようで私は好き。
そこには同じ想いの短い別れのシーンがある。

今回は、平日なので私一人でのお見送りだったけど、我が家同様お母さん1人に見送られている子もいれば、お父さんに見送られている子もいる。両親揃ってというスタイルも、平日にかかわらず、見受けられる。

どの情景も、束の間の休暇の楽しい余韻と、寂しさ、「頑張ってね」「怪我しないようにね」「風邪ひかないようにね」・・・・・そんな様々な想いがconfident
家族の温もり、絆、、親としての共通の想いをその空気の中に感じ、皆一生懸命子育てしてるんだなぁ、向き合ってるんだなぁ・・・・と共感し、何か温か〜い気持ちに浸れる。
だから好きconfident


お父さんと男同士、「おっpaper(父)」「おう(息子)rock」なんて言葉少なげな素っ気無いやり取りも、見てて微笑ましい(*v.v)。heart02

お母さんが一生懸命手を振ってるのに、振り返りもせずさっさと歩いて行っちゃう息子ちゃん。
姿が見えなくなるまで、娘ちゃんとずっと手を振り合うお父さん(これ最高)



娘が一時帰省していた入試期間中、その入試の真っ只中にいたお子さん達の合格発表もボチボチ。
娘の通う学校と、同日試験だった主人の母校でもある県内進学校の合格発表で、今年受験した知人のお子さん方の嬉しい報告が、次々に入ってきています。
今のところ、100%嬉しい知らせ。

みんな、並々ならぬ努力で、よくぞここまで頑張った。
応援してきたお父さんお母さん方にも、心からのお疲れ様が言いたいです。

めでたく桜満開cherryblossomのこの春、皆さんもこんな想いの生活が始まるのですね。

寂しいけど、頑張りましょうね、楽しみましょうね、大切にしましょうね。






昨日は、結局ぎりぎりまで読書感想文の仕上げに追われていた娘ですが、刻々と時間がせまり、ちょっぴり焦りの中、切なさと、いろんな気持ちが絡まって言わせたのかなぁ。
精一杯の心の表れですね。

「ママ、外が寂しい色になってきたよ」

あ、ほんと・・・・・confident

その頃私は、ご飯を食べさせなきゃと、慌しくお料理なんぞしていたので、外の景色なんて見てもいなかったけど・・・。
一瞬手を止めて、しばし外を眺めちゃいました。
胸キュン・・・・sweat02

家を出発し、寮がいよいよ近づいてくると、ポツリポツリと言い出す娘の言葉は、その時は嬉しいのだけど・・・・・1人になったら切なくなるからやめてくれ~って感じ。

まるでお嫁さんに出してしまった娘のように、私の事、家族の事を心配したり、気遣ったりして、優しい言葉が次々と・・・・。

「ママ、きちんと身体の健診をうけてね」
「夕ご飯、ちょっぴり残しちゃってごめんね」
「おばあちゃんに、白髪は染めた方がいいよって言ってね」
「パパ、勉強みてくれてありがとうって伝えて」

・・・・・・・・・キリがないな(笑)

止めどなく溢れる言葉に、2人の時は「なんのなんのぉ~!」なんて私もおどけて見せたりするのですがね・・・・・。

娘を寮に送り届け、1人寂しく帰る私は切ないんだなぁ。
彼女が残していった言葉の数々、もうおどけてなんかいられない。
涙涙・・・・・・。
2012

さっきまでお膝にかけてたお手製のひざ掛けが、助手席にポツリ・・・・。
これ見たらたまりませんcrying

いつまで私も、こんな事続けてるんでしょうね(笑)
まだまだだなぁ・・・・・

2012年1月12日 (木)

寒〜い日のカニ鍋v(o^-^o)v♪

今日はどんよりcloud 寒〜い寒〜い1日でした。
こんな日は、お夕飯をお鍋にしたくなりますよね。
・・・・・と言う事で、昨夜の「おうちごはん」はカニ鍋 cancer
しかも、たっぷりのカニの爪cancer cancer cancer cancer cancer

2011
娘が、学校の入試期間中につき、一時帰省してます。
この前冬休みを終えて寮に帰ったばかりなのに。
冬休みのボーナス日ってところかな。
進学校はこれがあるからいいですね。

普段より長期帰省の冬休みを過ごし、なんだか離れるのもしのびなかったのですが、この日があるので「まっ、いいか」と、気持ちよく送り出せましたもんhappy01

娘と囲む「おうちごはん」には、想いもこもります。
今季最後かと思われるカニを、お腹一杯食べさせたくて、これでもかぁ〜っていうほど、カニの爪をいれて始めたお鍋でしたが、あっという間に姿を消してしまったwobbly

予備に準備していた、タラバとズワイの足を追加・・・・cancer

食べやすいほうがいいかなと、カニの爪にしたのですが、結局Sea shellerの登場となりました(笑)

でもねぇ、大人の口には殆ど入りません。

どこのご家庭でもきっとそうでしょう。
美味しいものはお腹一杯食べさせたいですもんねぇ〜、特に旬のものはconfident
私はもっぱら、お野菜や葛きり、おうどんなどをつついておりました。

実のところ、私、カニ鍋は、最後の「おじや」が一番大好き。
カニはお腹に入らなくても問題なし。

卵とおネギをたっぷり入れて、ハフハフいいながら頂いたおじや。
たまりませ〜ん( ̄ー+ ̄)

テーブルには殻も飛び散り、どっちが多く食べただの、同じように分けなさいだの(笑)
ワイワイ言いながらの、子供の大好物のお夕食はホントに楽しくていいいものです。



大変美味しゅうございました〜〜〜lovelyheart04

冬休みが終わり、入試期間中のボーナス休暇も終わりました。今日、また寮へ送り帰さねばなりません。

相変わらず「お休みは遊ばせないぞ」の勢いで、冬休み同様、宿題どっさりお持ち帰り。
娘もよく頑張ってます。

気晴らしに小学校の恩師に会いに行ったり。ご近所にある幼少期通った公〇式の学習塾へ、先生にお会いしに行きがてら、採点のお手伝いしてきたり。

適当にON OFFを切り替え、真剣に課題に取り組む姿を見て、主人も私も感心しています。

それでも、昨夜も宿題の仕上げに夜中まで。

私もなんとかお付き合いを頑張ったおかげで、明日の月次、確定申告の準備も着々と終わらせる事ができました。

この一年で、娘は本当に成長したなぁ…とつくづく。

今日の別れは殊の外淋しい。

続きを読む "寒〜い日のカニ鍋v(o^-^o)v♪" »

2012年1月11日 (水)

過去との付き合い方

《過去に囚われ過ぎず、未来に夢をみすぎない。現在は点ではなく、永遠に続いてるものだ》

(辻 仁成 「冷静と情熱のあいだ」より)

あまりにタイムリーな言葉で、なんだか嬉しいheart01
とてもいい言葉confident

先日、迎春の景色に目を覚まされてから考えていた、現在、過去、未来。
こんな歌ありましたよね。

この本の主人公、美術と歴史の街フィレンツェで、絵画の修復士という特殊な仕事をしている、一人の日本人男性。
10年前に交わした恋人とのささやかな約束を心に秘め、毎日dangerを過ごしている。(そこが凄い)
現在の彼は、新しい恋人共に幸せな日々を送っているかに思われるが、その「ささやかな約束」の呪縛から逃れる事も出来ず、また消し去る事も出来ないまま、その美しい過去の記憶を背負い、過去と共に生きる切ない愛の奇跡の物語。(簡約し過ぎですが)

切ないなぁ・・・・・そんな生き方もあるのねぇ・・・
と、フィクションの人物像を思い描きながら、しばし、余韻に浸っておりました。
でも私にはあり得ない生き方。


私は過去に囚われ過ぎる事もなければ、未来に夢を見すぎる事もない。
そんな人confident
ロマンチックでも野心家でもなく、どちらかと言えば現実派?
かといって、何かに縛られることなく、現在を上手に生きているかと言えば、そうでもない。

過去や未来というより、直前直後のちっちゃな事に心奪われ、現在を上手に楽しめない不器用さが時折悔しい(笑)
長く持続はしないのだけど。


全く過去に囚われないわけでもない。昨日の事だって過去は過去ですもんね。

喜びの余韻に浸る幸せな時間も含め、多少なりとも過去の記憶に影響をうけ、その時々を過ごしている。記憶を完全に消し去るなんて不可能。過去の失敗や成功、喜びや悲しみ、教訓、後悔、迷いすらも、その後の道標となるわけだし。
そうして、過去の経験は未来へと繋がる。

黙っていても時は流れ、順繰りに「今」が訪れる。

過去との付き合い方もいろいろ。

人生半ばを過ぎた最近、過去に置き去りしていた点と現在の点とが、願ってもないひょんなきっかけで「繋がる」という、なんだかとってもラッキーなチャンスが、度々訪れるようになった。


過去と現在を結ぶ曲線は様々で、太かったり細かったり、或いは点線だったり?
そして大きく弧を描いたその曲線の延長線に、接点はある。

決して囚われていたのではないけど、無意識に温めていたもの。
でもそれは、過去の様々を纏ってはおらず、新たなスタートを確信できる新鮮なもの。

自分にとって、意味のある過去は、やがて新たな形で蘇るって事を実感し、体験しています。

過去が過去じゃなくなった時に、それは誇りにも思えるものですね。
今の私を豊かにしてくれる未来形の過去。
私の人生も捨てたもんじゃないと思える、これまでの軌跡。


本の主人公は、とても切ない過去との共存だったけど、どうやら私は、未来に繋げるべきでない過去や、悲しみや苦しみは、知らぬうちに自然淘汰しているのかな。過去は過去として、置き去りに出来る人かもしれない。消しゴムで消すように、完全に消す事は出来ないけれど。

おっとflair

実はこの本を読み終えたその日、本屋さんで次なる本を、と物色中に、偶然にも作者は違う全く同じ題名の本を発見。
私はすぐブックカバーをつけてしまうので、全然気付きもしませんでしたが、カバーを外してアララララァ・・・・eyeannoy
表紙のデザインも色違いで同じだったんだぁ~happy02(笑)

あとがきを見て納得。
「一緒に本を作ろう」と、お二人、意気投合しての作品なのだそうだ。
赤の物語と、青の物語。
ささやかな約束から10年という長い年月。彼女、彼、それぞれの視点で綴られた二冊で1つの本。
読み終えたその日にもう一方に出合うという、これも不思議。ミラクルですねshine
なんかあるぞsmile(笑)


江國香織さんのあとがきはこのような言葉で締めくくられている。

合わせ鏡のようなこの二冊の本が、読者の「冷静と情熱のあいだ」に届きますように

2012

こんな形の、ペアの出版も面白いですね。
どんなストーリーが詰っているのでしょう。
楽しみlovely

2012年1月 7日 (土)

2012年 ◆七草◆

2012

今日は七草。

今朝は七草粥を頂きました。
これも、ご家庭ごとに「我が家の七草」があるようですね。
そして、地方によっても、伝統的なしきたりに違いがあるようです。

我が家の七草粥は、春の七草の他に、笹掻きごぼう、人参、里芋、そしてお供えのお餅を砕いて入れます。
前の晩に、下湯でして細かくきっておきます。

五臓六腑に染み渡るとはこの事ですね。
歳を重ねるたびに、この呟きに心が込められていくような気がする。
ホント・・・・美味しいconfident
子供の頃は、あんまり好きじゃなかったのですがね。

さて、今日は息子の塾の冬期セミナー最終日で早朝からお出かけ。
車中、行きは二人で春の七草、「セリ   ナズナ、ゴギョウ、 ハコベラ、 ホトケノザ、 スズナ、 スズシロ」の言い合いっこなんぞしながらのドライブでした。

只今帰宅cardash

本日こちらは快晴sun
二人で通う道のりの、目の前に広がる山々の美しさにしばし心奪われ、待ち時間には遠く世知原の連山が織り成すコントラストにひとしきり感動しておりました。

年が明けてまだ数日というのに、一気に春の息吹を感じるのは・・・・たぶん気持ちのせいでしょう。ようやく心にゆとりが出てきた表れですか・・・・。
ほんの数日前の暮れのバタバタは、いったい何だったんだろう。
なんて慌しく過ごしてしまったのでしょうかね。

こうして、気持ち新たに辺りを見渡すと、クリアーな景色が広がっているじゃございませんの。
いろんなものが目に飛び込んできます。心にも留まります。

急ぎすても、焦ってもいけませんねぇ。時間の先走りは、人を盲目にするのですね。逆走も然り。

今のこの「現在」を、もっともっと大切に過ごさなきゃなぁ・・・・・

そう思わせてくれた、迎春の景色に今日は感謝。
...
週末です。 久々ゆっくり出来そうで、殊の外有り難い休日になりそう。


寒気が入り込み、ここ数日冷え込んでおります。新年早々、皆様お風邪など召しませんよう、十分お気をつけ下さいませ。

2012年1月 6日 (金)

きょうだい

子供達が、姉弟共に過ごした年末からの約二週間。
久々だと言うのに、とにかくよく姉弟喧嘩をしていた

離れてなさ〜い!っと言ったって、なぜかくっつく・・・不思議だぁ。

喧嘩の原因もくだらない。
いつも小競り合い(笑)


宿題もそれぞれ自分の学習机ですればいいのに、わざわざ2人、リビングのテーブルや炬燵を占領してするものだから、どっちが広く場所をとっただの、はみ出ただの・・・・

もう知ら〜〜〜んangry


4歳という歳の差は、なんか微妙。
幼児の域はとっくに過ぎ、少女から娘になりつつある中学生の姉と、もともと幼稚な部分を残しがちな男の子で小学生じゃ、これも仕方ないのかな?
幼稚な弟のちょっかいをうるさがる姉の気持ちも、まあわからないでもない。

大概放っておくけど、要所要所で雷は落としましたよthunder

互いに馬鹿にし合ったり、能力をけなすような時にはねぇ。
それぞれ、きちんとした成長段階を踏んで大人になっていくのだからpout、と。

身体的、或は精神的な部分のおちょくりにも、一言申してました。
女の子みた〜い、豚女、痩せっぽち、チビ、頬っぺた赤過ぎ、撫で肩だのだのだの・・・
親から見れば、可愛いと思ってる所だったりもするんだぞpout、と。

最も禁忌な言葉に、激怒を越え、「ママは悲しい…(ノ_・。)」と、切々と語ったのは「死んだ方がマシ」だったか「死ななきゃ治らない」だったか・・・・


あ、あと理不尽な激怒シーンもございましたねcoldsweats01
これは私の都合でして、その後は自分で反省もいたしました。
だって、ある時点を過ぎるとイライラが頂点に達するんですもの、仕方ない。
なんでそこで怒るぅsign02sign02・・・・みたいな(笑)

たぶん、義母たち呆れておりました。
「ママってそんなキャラだったっけ?」
そんな両親の顔が私の視界の中にgawk

そんなこんなの冬休みでございましたが、過ぎてしまえば面白いことばかりです。
つい先日の事なのにconfident


でも、きょうだいってそんなもんよねぇ〜っと、自分の子供時代の思い出を懐かしんでおります。
よく、喧嘩もしてましたから。

私は3姉妹の長女。
母はいつも、「同じように育てたつもりなのに・・・・」と口癖のようにいってましたが・・・coldsweats01
ほんと、よくもまぁ・・・全く違うタイプの女の子が3人。


次女は完璧な男の子役で、父とキャッチボールをしたり、ご近所のお友達と言えば、皆男の子ばかり。毎日野球をしたり、探検ごっこをしたり・・・・心配ばかりかける女の子。

後に彼女は、少女剣士となり、大学時代はその道で名を馳せ、輝かしい青春時代をすごしてました。ある意味羨ましい。女性にしては170㎝近い長身で、筋骨隆々。高校時代、我が家の敷地内に不審者が侵入。三姉妹のあられもない姿をのぞき見する不届き者が現れた時には、勇敢にも竹刀を持って、庭をパトロールするほどの兵です。(結局取り逃がしましたが)とにかく強いです(笑)
凛とした性格は相変わらずで、時折上から目線で、姉である私が怒られますhappy01

勤務医ベースの旦那様とは別に、妹は数年前、勤め先のクリニックを退職し、自分の意思と力と能力、これまでの研究の成果、素晴らしい人脈にも恵まれ、たった一人でクリニックを開院。
大勢のスタッフさんに支えられ、患者様からも慕われながら、頑張っているようです。家族の誰の力も借りず、着々と事は進められ、遠くに住む私達が報告を受けたのは、開院間近の頃だったような。

そんな妹ですが・・・・・
やっぱり妹は妹confident
弱いところを、私は知ってます。見せてもくれます。

時折、その弱さが噴出したときにかけてくる電話は、いつも弱々しい声で
「おねえちゃん・・・・・・weep

変わってないんですよねぇ・・・・・小さかった頃の、あの私を呼ぶときの声、雰囲気。
こんな私でも、やっぱり姉なんですね。

その弱々しい「おねえちゃん・・・・」は、姉としての威厳を保つ、勲章ってとこ?(笑)
可愛いヤツだと思ってます。

ゆうタン、見てたらゴメ〜ンsmile


こちら、妹のクリニックのHP。
   ↓
http://www.tsurusako-d.jp/

そして、三女。
この子は私と性格も似てましょうかねぇ・・・。
しかし、私の数段インテリで、口では負けますcoldsweats02

次女とは犬猿の仲で、ちょうど私は2人の間の中和剤だったような気もします。
犬猿の仲といっても、それは仲のいい証拠。ブラックジョークの言い合い、小競り合いは大人になってからは、センスの良さすら感じてました(笑)

のんびりの私とは、2人ともちょっとテンポは合わないのです。

彼女は医師である旦那様と渡米し、もう10年。
あちらで永住権も取得し、日本に帰ることはないと思われます。

義弟は、米国での医師免許も取得したことですし、一生あちらで頑張るつもりなのでしょう。僻地での医療活動に力を注ぐ彼こそが、今の日本が必要とする人材だっただけに、非常に残念だぁ。
人情味溢れる人ですから、誰にでも愛されるドクターだろうと思います。


姪っ子達はすっかり日本人の顔をしたアメリカ人。
時折、ウチの息子と電話でお喋りしてますが、「ハニーheart04」だの「ベイビーchick」だの言われ、チャキチャキの日本人文化で育っている息子は閉口しております(笑)
完璧に、「ノリ」もアメリカ人ですsmile

日常会話は、両親が日本人ですから、家では日本語。
しかし、学校生活や、友人との小さな社会での彼女の成長ぶりは言語に現れてます。
ノリだけでなく、彼女の言語は英語になりつつあるようです。

なんだか最近、変な日本語〜!happy01

先日、実家に帰った際に撮った、可愛い姪っ子からのジジババへのクリスマスカード。
ここにも変な日本語が(笑)

       downwardright

2012_3

「メリークリスマスパーty」・・・tyってhappy01

「あれあった、あらみえない、いっぱい森ある」


まるで、インディアンうそつかな〜い!みたいあるよぉ〜notes

・・・・と、大笑いしたのですが、可愛すぎます。

「森」という字は見事に森だしねxmas 

私達姉妹関係は、昔から妙にあっさりしたもので、逢う機会は数年に一度。

しかし、数年ぶりの再会でも、それまでの空白を感じた事はあまりありません。
姉妹ってそんなものかもしれませんね。

どんなに酷い喧嘩したって許しあえるのもそれですね。
他人ではそうはいかない事でも、必ず許し合える。

せっかく同じ親の元で育ったきょうだい・・・・大切にしたい。

だからこそ、守るべく新しい家族が出現する前の、この子供時代の姉弟との時間。
大切にして欲しいものです。
今は気づかなくて当然なんだろうけどconfident


心の繋がりだけは希薄にしたくないですね。

2012年1月 5日 (木)

ポチ袋

2012

ポチ袋はちょっぴり遊び心を加え、可愛らしく作ってみました。
お札を折らずに入れるタイプにしようか…、元々ちっちゃいヤツですがやっぱりちっちゃいヤツ。こんなちっちゃい事で今回もかなり迷いましたが、ポチ袋ですもんね・・・・dollar

四つ折の小さいサイズに決定~

2012_2

 「こま」は男の子用soccer















「羽子板の羽根」と「チューリーップ」は女の子用virgo

2012_3 2012_4

  

そもそも「ポチ袋」、関西の方言で、芸妓さん等に渡すお祝儀だったそうです。
「これっぽっち」なんて言葉があるように、「ほんの僅か」ってところでしょうか。

フランスの「プチ」の語言説もあるようですが、ちょっと時代的に厳しいのではsmile
これ、語言集bookより。

何を隠そう、子供の頃「ポチ袋」は犬の名前からきた可愛い呼び名だと思ってました。
なんて愛くるしい表現だろうと・・・・(笑)
私って馬鹿bomb

さて、娘と過ごす冬休みもあっという間に終わりました。
今日、夕方には彼女を寮へ送り届けなければならないthink

冬休み、一番楽しそうだったのは、やっぱり息子で・・・・
売り言葉に買い言葉の姉弟喧嘩、それを終わらせる為に私からガミガミpout怒られてばかりの数日間だったような気もするけど

やっぱお姉ちゃんがいてくれるだけで、チビ君は楽しいんだろうなぁ。
喧嘩していない時は、お姉ちゃんにとても忠実、手下のようにいろいろ用事を言いつけられては、まめに動き回っておりましたね・・・・彼は働き者でしたhappy01

喧嘩のパターンで最も多かったもの

私がどちらかに用事を言いつけ、「えぇ・・・gawk」っと不服そうに断られていると、それを見ていたお調子者のどちらかが、待ってましたと言わんばかりに「自分がやる!」っと言い出す。
すると、断った方が、やっぱり自分がやると・・・・

何がなんでも自分がやるのだと、仕事の取りあいが始まる。やがてくだらない姉弟喧嘩に発展。

なんでやねん・・・・・gawk

「それならママが自分でやるーーーーー!poutthunderthunderthunder


お決まりのコースですね。
まだまだ子供・・・・・よくあるパターンじゃございません?

「ば~か~ ば~か~ ちんどんや~ お前の母さんデ~ベ~ソ!」に発展しないのが、せめてもの救いで(-.-;)

それじゃ私があまりにも可哀相過ぎ。私が一番の的になりかねませんわよ(*_*)

賑やかな冬休みも、娘は一足先に終わり。
・・・・・・と言う事で、昨夜は娘のリクエストの手巻き寿司

2012_5 

そして、息子からのメッセージつきのアイスクリームケーキで、ささやかながら、お姉ちゃんを送り出す会をいたしました。

2012_6 

はい、 メッセージの言葉通り、「いつもけんか」してましたwink

でもね、ほんとはとっても仲良しheart02
賑やかな冬休み、そしてお正月heart04大変楽しゅうございましたheart02

さびしくなるねぇconfident

2012年1月 4日 (水)

箸袋(祝い箸用)

2012_6

今年の箸袋はこんな感じに仕上がりました。
右端の箸袋が若干長さが違うのはご愛嬌でhappy01






祝い箸とは両端が細く、まん中が太くなっている丸箸のことで、「両口箸」とも言われるそうです。

一方の端っこは神様が使い、もう一方を人が使う“神人共食”を意味しているのだそうで、なんでも太くなっている真ん中辺りは、太箸(たいばし)、俵箸またはハラミ箸といって、五穀豊穣と子孫繁栄を表しているのだそうですconfident

お祝い用の箸が折れたりするのを忌み嫌う風習から、祝い箸には丈夫で折れにくい柳が使われようになったのだそうです。
(東京ガス:食の生活110番Q&A:「祝い箸」はなぜ両細?より引用させていただいてます)

祝い箸、「柳箸」とも言いますものね。

折れたら縁起が悪いからという事で、柳箸を使うとは知っていましたが、これほど意味が込められてるとはね・・・・私とした事が、全く・・・coldsweats01


子供達と一緒にお勉強いたしましたですφ(・ω・ )フムフムメモメモ

昔の人は、こんなささやかな小道具一つ一つに、無病息災、家内安全…いろんな願いを込め、今以上に、新年を迎えるその日を、大切に過ごしたのですね。

忙しさにかまけ、現実的なものばかりを直視する毎日ですが、時には日本伝来の神事に浸り、時間を止めてみるのもいいです。


子供たちに、知ったかぶりしながら、こんなお話していくうちに(とってつけた様なお仕着せでしたがbook)、いい時間が流れておりましたよ。勉強にもなりました。
大切な事ですねぇ。


両親、主人と私、子供達、それぞれに作った今年の箸袋。

お正月らしいお花にしました。(画像をクリックするとちょっとだけ拡大します)


2012_7 


←両親の箸袋
「千両」と「胡蝶蘭」

胡蝶蘭を模る花びらは非常に難しかったのですが、図鑑とにらめっこの末、試行錯誤してなんとか
なかなか気に入ってます。





2012_9 



←主人と私の箸袋
「ろう梅」と「椿」








2012_8 


←子供達用 gemini
「梅」と「水仙」

想定外だったのは、ピンクの梅は女の子っぽいので娘に、息子には「水仙」がいいかなぁ…などと目論んでいたところ、箸袋を見るなり、嬉しそうにいち早く息子が取り上げたのはピンクの梅の花。よっぽど気に入ったらしい。
なんでだろ、私、ツッコミ入れられなかったsmile






あれれれぇ・・・・よく見たら・・・・eye
箸袋、1つだけ長さが違うのがあるだけでなく、落款が逆さになってるのもあるるるるcoldsweats01

アハハ、今頃気付きました(笑)
まっ、いいかぁpaper


さてさて、今日は仕事初め。
家族団欒ののんびりお正月モードを切り替え、それぞれ日常に戻ります。


人間そうそう簡単には急ブレーキが効かないものです。
車の急ブレーキ同様、急な安息日はなんだか身体に堪えますなぁ。

年末の忙しさから、新年を迎える準備、そして元旦からこっち、初詣や年始のご挨拶にみえるお客様の接待等など。主婦である私は、たいしていつもと変わらぬ忙しさを過ごし、昨日いきなりポ〜ンと、予定無しの一日を実感しながら過ごしてみましたが・・・・これは急ブレーキですね。

なんでしょう・・・・・落ち着かない・・・・wobbly

  「ようやく今日から平常通り!」

そう思うと、ホッとしてしまう自分もおります。




さぁ、また今日からがんばりましょう!

☆ちなみに、今日から息子も塾の冬期セミナーが始まり、待ち時間を利用しての、携帯からのブログの投稿となりました。

昨日同様、画像と記事が上手くアップされないのではとちょっと気になるところ。しかし、確認が出来な〜い。
見苦しかったらごめんなさい。後ほど修正いたします。

2012年1月 3日 (火)

おせち料理

2011_2

2012年のおせち料理はこんな感じに仕上がりました。

予定していた食材が幾つか手に入らず、その分に考えていたスペースは盛り付けの量でごまかしてはいますが・・・・・・非常にざんね~んsweat01

奥の和のお皿には小鯛の塩焼きなんぞ入る予定だったのですが、まさかの欠品。
見かけたときにゲットして冷凍しとけばよかった・・・という事で来年の課題。




元旦の朝の我が家は静かです。
家中の雨戸も障子も襖も何処もかしこも締め切られ、「明けまして・・・・・」のご挨拶も、お屠蘇でお年越しをしてからでないと、何故か言ってはいけないthink
なぜ?・・・・・なぜかわからない。(この家にお嫁さんに来た時からそうでした。皆無口)

着々とお年越しの準備だけが進められます。
まずは、仏様、診療所、井戸、お神様、家中のあちこちに、お酒とお雑煮をお供えして回ります。
心込めて・・・・・・confident

更に着々と事は進められ、おせち、おてがきの準備。


2011_3


「おてがき」
(この家に来て初めて知りました)

奇数個のお菓子をめいめいの盆に・・・。
手前の菓子盆、縁起物のスルメと昆布がどこかに隠れております。
新茶のお茶と一緒に、今年の抱負などを各自述べながら頂きます。我が家の元旦の朝のお年越しに、一番最初のやる事。

この家にお嫁にきてから、ずっと変わらず、昔ながらのひなびたお菓子が並びます。
義母はずっとこうしてきたのでしょうね。

2011_4


母の粋なはからいshine


子供達には、お正月らしいこんな可愛い飴やお菓子も添えてくれますtulip

2011_6 お漬物の三段重。
これは歯固め大根。

昨年漬けた梅干と漬け汁、そしてほんのり甘い干し柿を入れて。

自分の歳を「馬歯」と謙遜して言いますよね。
「歯」は年齢のこと。つまり、「歯固め」、歯を丈夫にして長生きしようという二重の意味が込められてます。
我が家で採れた普通の長さの大根、干して乾いてカチカチからからに15センチほどになったものを刻むのは並大抵の作業ではないsweat015本刻むのに1時間はかかりますか・・・


これらが、元旦の朝の準備。


クリスマス同様、スケッチと同じ角度で写真とりましたが、いかが?(笑)
まあまあ計画通りにいきましたかhappy01

2011_8

Photo

今年も家族揃って、幸せに新年を迎える事ができました。

また一年、健康に過ごせますように。

お腹いっぱいの元旦の朝full

大変美味しゅうございましたconfident

すみません・・・・・相変わらずの自画自賛、自作自演、自給自足でございます。

2011_7

忘れてました。 これらの取り皿も、お正月の朝を演出してくれるお小皿達。 らしくってshine・・・可愛いでしょ? 梅の花を模ったお小皿を撮り忘れちゃいました。残念weep 普段はしまい込んでますが・・・・smile ※本日、ブログ本体の調子がイマイチです。記事と画像がうまく合わず、少々見苦しいのですがご了承のほどを・・・・(汗)

2012年1月 2日 (月)

◆謹賀新年 2012◆

明けましておめでとうございます。

2011年は、私にとって、とても素晴らしい最高の一年でした。


様々な事がありました。

もちろん、いい事ばかりじゃありません。
しかし、今思いますのは、それら全てをひっくるめ、「最高にいい年だった」

そう、自信を持って言えます。

毎年、このような想いで新年を迎えられることに、心から幸せを感じます。

自分の身の回りで起きた出来事には、何一つ無意味なものなどありません。


いい事悪い事を含め、心に残った一つ一つを啓示として捉え、2012年をより一層素敵な一年に、そして、将来の糧になるよう、大切に心において過ごしたいと思います。


沢山の出会いがありました。願ってもない素敵な再会に思いがけない感動も頂きました。沢山の方にお世話になり、大勢の方に支えられ、他の誰かを、微力ながらも支える事も出来たように思います。


患者様、我が医院の顔として頑張ってくれるスタッフの皆さん、医院を支えて下さる心強い業者の方々、大切な友人、ブログを読んでくださる皆様・・・

こうして、私の暮らしを彩ってくださる全ての方々に心からの感謝を申し上げます。



今年もまた、お節作り、お正月の準備は年を跨いで、夜明けまで・・・。
まだまだ数日続きます。
しかし、これら全て、新しい年を迎えられたこと、そして、素敵な1年を始めるための、私のささやかながらの喜びの儀式です。



改めて、お正月のいろいろをご報告いたします。
取り急ぎ、新年のご挨拶までshine


                           マイア   

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »